子育て

入園祝いのお返しは親戚へ必要?!贈る時期や相場・おすすめの品を紹介!

入園祝いのお返しは親戚へ必要?!贈る時期や相場・おすすめの品を紹介!

幼稚園や小学校で子供が入園式を迎えると、親しい方からお祝いをもううこともありますよね。

親や親戚など親しい方へはお返しが必要なのでしょうか⁈

親戚から入園祝いをいただいたけどお返しの方法(贈る時期や相場)が分からない…とお困りの方必見です。

入園祝いの内祝いを贈る時期や相場・おすすめの品をランキングで紹介していきます。

入園祝いのお返しは必要?!親戚や親にいただいた時は?!

入園祝いのお返しは親戚へ必要?!贈る時期や相場・おすすめの品を紹介!

入園祝いのお返しは必要ないという人もいますが、これからのおつきあいを考えるとお返しした方が良いケースが多いです。

また自分がお祝いしたときにお返しをもらっているならば、お返しは必要でしょう。

気になるのは、親にもらったときですよね。

親からもらう際に「お返しはいらないから」と言われた場合はなしでもいいかもしれませんが、気持ち的には何かしらお返しした方が良いかもしれませんね。

お返しを嫌がる場合は、一緒に食事にいってごちそうするのも一つの手だと思います。

 

入園祝いのお返しを親戚に贈る時期はいつ?!

入園祝いのお返しは親戚へ必要?!贈る時期や相場・おすすめの品を紹介!

入学(入園)祝は、入学(入園)式の前までに贈るものが一般的ですが、そのお返しはいつ贈るのが一般的なんでしょうか?

答えは、入学(入園)式のあと1カ月以内に贈るのが良いとされています。

入学(入園)式が終わったら、忘れないうちに早めにお返しするようにしましょう。

 

親戚への入園祝いのお返しでおすすめのアイテムは?!

親戚に入園祝いのお返しをするときに喜ばれるアイテムを紹介していきます。

まず、おすすめなのはお菓子などの食べ物やタオルなどの消耗品(消えものと呼ばれるもの)です。

他には、入浴剤のように心も身体もホッとできるものも入園祝いのお返しとして人気があります。

お返しされた人が好きなものを選べるカタログギフトもありますが、カタログギフトは基本的に親しい友人に贈るもので、親戚などの目上の人にはあまり贈りません

入園祝いのお返しの金額の相場は、一般的にいただいた金額の3分の1から半額程度とされています。

ですので、お祝いに1万円いただいた場合は3000円程度で買える入浴剤やジュースやホテルスープがおすすめです。

お祝いに2万円~3万円いただいた場合は平均6000円ほどの高級タオルがおすすめです。

ブランドタオルだと高額なものもあるので金額によって選びやすいと思います。

相場やおすすめのアイテムもわかったところで、さらにくわしく品物を紹介していこうと思います。

  1. バウムクーヘン
  2. クッキー(おせんべい)
  3. 今治タオル
  4. 紅茶
  5. フルーツジュース

2019年お返しの品ランキング(楽天市場)1位だったのは、バウムクーヘンです。金額も2000円~5500円まで幅広いのでいいですね。

2位は、クッキーです。これも2000円から6000円と幅広い金額設定があるのでいいですね。ただし、年配の親戚の方に贈る場合はクッキーよりおせんべいのほうがいいかもしれませんね。

3位は紅茶です。自分ではなかなか買わないお高い紅茶などが喜ばれるみたいです。

4位はタオルです。タオルの中でも一番人気なのは「今治タオル」です。シンプルなものから可愛い柄のものまであるので相手のことを思いながら選ぶといいでしょう。

5位はフルーツジュースです。アルコールを飲まない人や小さい子供がいる親戚に喜ばれるアイテムでしょう。

親戚への入園祝いのお返し方法まとめ

親戚への入園祝いのお返し方法はわかりましたか?

親戚への入園祝いのお返し方法は、

  • 入園式後1カ月以内に
  • もらった金額の3分の1から半額分のお返しの品を贈る

でしたね。

年配の人へ贈る場合におすすめなのがタオルやお茶、ホテルスープです。

いとこなどの若い世代の親戚に贈る場合はバウムクーヘンやクッキーなどの洋菓子や入浴剤がおすすめのようです。

贈る相手の年齢を考えておくるようにしましょう。

また、食べ物系は賞味期限があるので、一人暮らしや夫婦二人だけの場合は期限がなるべく長いものを選ぶようにしたほうがいいかもしれませんね。