1歳の息子も大好きな0~1歳児にオススメの絵本6選+おまけ。

赤ちゃんが産まれると、 たくさんの 絵本 を用意してあげたくなりますよね。

我が家でも息子には絵本が大好きな子になって欲しいと願い、沢山絵本を用意したり、絵本棚を息子が遊ぶスペースに置いたりと日々工夫をしていました。

でも、いざ子どもが産まれると、どんな絵本を読んであげたらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで現在1歳9か月の息子が今まで読んできて、気に入っている絵本たちを紹介したいと思います。



こんな記事もあります!

《1歳児》こどもちゃれんじぷち を半年利用してみた感想。

1歳の子どもが物を投げてしまう・・・理由と改善方法とは?!



1歳児の息子が大好きなおすすめ 絵本

絵本

我が家には私が張り切って絵本を用意し過ぎたこともあり、沢山の絵本がありますが、その中でも息子が気に入っている絵本をピックアップしてみました。

赤ちゃんの頃から毎日手に取っているので、食べたり破ったりで、どの絵本もぐちゃぐちゃなのですが・・・

SaYang
ビニールテープだらけです(苦笑)

きんぎょがにげた

【高ポイント還元】きんぎょが にげた/五味太郎 【ネコポス(追跡あり)送料無料】

トップ画像で息子が開いている絵本です。

0歳児の時に友人から譲り受け、読んでみた際にはあまり反応の無かった息子でしたが、1歳半を過ぎたころから「読んで~」と積極的に持ってくるようになりました。

ピンクの金魚が水槽から逃げて、あらゆるところに隠れ込むお話しなのですが、ページをめくるたびに、金魚がいる場所を楽しそうに指さして教えてくれます。

観察力アップに良いのではないでしょうか。

カラフルで、色彩的にもとても美しい本です。

おててがでたよ

おててがでたよ (福音館あかちゃんの絵本) [ 林明子 ]

赤ちゃんが自分でお着替えしようとして頑張っている、とても微笑ましい絵本です。

絵本作家で有名な、林明子さんの絵本で、どこか懐かしく柔らかいタッチで描かれている優しい絵本です。

息子は、お顔が洋服から出てきたときの「ばぁー!」というページが大好きで、いつもこのページをめくるときゃっきゃ言って喜んでいます。

息子の反応が嬉しくて、私も読むのが大好きな絵本です。

のりものいろいろかくれんぼ

のりものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん) [ いしかわこうじ ]

色々な種類の乗り物のカタチから、乗り物の名前をあてっこしていく絵本です。

日本語と英語の名前が書いてあるのが良いです。

また乗り物の特徴や、色についても学べるので、1冊で沢山のことを吸収できる、とても優秀な絵本だと思います。

くっついた

created by Rinker
子どもの文化普及協会

くっついた [ 三浦太郎 ]

とても可愛らしいイラストが描かれていて、私もとてもお気に入りの絵本です。

色々な動物がくっついて・・・

最後にはママと「くっついた!」♡

親子でスキンシップが楽しめるきっかけになります。

がたんごとん

がたんごとんがたんごとん (福音館あかちゃんの絵本) [ 安西水丸 ]

福音館あかちゃんの絵本シリーズの中でも、特に有名な絵本かと思います。

私が自分で購入したものの、もう1冊別でいただいたので、人気があるのだと思います。

ずっと「がたんごとん」と言っている、とてもシンプルな絵本ですが、そのシンプルさが赤ちゃんには分かりやすいのと、

最後のページでは思わず、にんまりしてしまう展開も癒されポイントだと思います。

お?かお!

お?かお! (あかちゃんがよろこぶしかけえほん) [ ひらぎみつえ ]

駅前の本屋さんで、「横浜市港北区出身の ひらぎみつえさん著書ですよ~」と紹介されていたので、思わず購入してしまった絵本です。

赤ちゃんは人の表情を見るのが大好きで、自然と相手の表情を真似したりしますので、

幼いころから色々な表情を見せておくというのはいいですよね。

赤ちゃんも手を動かしながら、表情の変化を楽しめるので、

飽きることなく興味を引き出してくれる絵本だと思います。

番外編:こどもちゃれんじぷち

こどもちゃれんじぷちに申し込むと、毎月一冊ずつ絵本が届きます。

《1歳児》こどもちゃれんじぷち を半年利用してみた感想。

という記事でも書きましたが、季節ごとの行事やお出かけなどを取り上げ、新しい言葉を学んだり、生活習慣を身につけたりする仕組みになっています。

シールを何度も貼り直したり、扉をめくったりできる仕掛け絵本になっているので、退屈することなく息子も参加して一緒に楽しんでいます。



絵本を手に入れる方法

気になる絵本が見つかったら・・・

購入するまでの方法と、お安く手に入れる方法をお伝えします。

試し読みをしてみる

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビでは、購入する前にネット上で無料で試し読みをすることができます。

いくら口コミが良いという絵本でも、実際に中身を見てから購入しないとちょっと不安ですよね。

絵本1冊の値段も1,000円前後ですから、何冊も揃えるとなるとバカにできません。

やはり納得してから購入したいものです。

事前に試し読みをしてみて気に入ったら、実際に本屋さんに出向くことなくネットショップで購入することもできますよね。

子育てで忙しいママさんには、嬉しいことづくしなのではないでしょうか。

絵本ナビでは、定期購読のプランもあるようなので、自分で選ぶのが難しいという方は活用してみても良いと思います。

BOOKOFFで探してみる

中古品にこだわりがなければ、BOOKOFFなどで買う方法もあります。

息子が0歳児の時はとにかく絵本を口に入れたりかじったりするので、衛生的に中古品を与えることに抵抗があったのですが、

新しい絵本をあげるたびに毎回ビリビリ破ったり、食べたりしてぐちゃぐちゃになってしまうので、途中から諦めました。

ただやっぱり気になってしまい、最初のうちはアルコール除菌シートで一度消毒してから渡していました。

紙質によっては湿ってふわふわになってしまいましたが…そのうち戻るので気にしません!笑



まとめ

これまで1歳9か月の息子が赤ちゃんの頃から愛読してきた絵本たちを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

YouTubeやDVDなどの教材も充実してきて、時代は変わっていると言われている昨今ですが、

やはり昔も今も変わらない温もりを感じられるのは絵本ですよね。

それに、赤ちゃんはパパママが自分のために絵本を読んでくれている時間を心地よく感じ、

その感覚をずっと覚えているものらしいです。

子育て世代は忙しい毎日だと思いますが、親子揃ってお気に入りの絵本を見つけて、幸せな読書タイムを楽しめたらいいですね。