子供の背中があせもでかゆそう!悪化を防ぐための対策は?病院に行くべき?

子供の背中があせもでかゆそう!悪化を防ぐための対策は?病院に行った方が良い?

赤ちゃんや子供は汗をかいても自分で処理できないので、大人が気づいて対処してあげることが必要です。

汗を放置すると、あせもやとびひ等の肌トラブルが発生し悪化していきます。

子供は親の知らないうちに汗をかいた所を掻きむしったりしているかも知れません。

子供の背中にあせもができた時の対策方法病院に行くタイミングについて解説します。

 

こんな記事もあります!

赤ちゃんのいる部屋のクーラーの温度は何度が適温?体を冷やし過ぎない方法は?

赤ちゃんの入浴方法で夏に注意することは?お風呂グッズやスキンケア方法も紹介!



夏に赤ちゃんや子供にあせもができやすい理由は何?

夏に赤ちゃんや子供にあせもができやすい理由は何?

赤ちゃんや子供は大人よりも体温が少し高めで、新陳代謝がいいので、汗を沢山かきます。

汗をかいたままの状態をそのままにしておくと、汗の出口が塞がれて発散されず、皮膚が炎症を起こし

痒みとして赤いブツブツが出てきます。

これがあせもの原因で始まりです。

赤ちゃんや子供は汗をかいてもかきっぱなしでいる事が多いので、

肌トラブルが起きない様周りの人が気づいて対応してあげる必要があります。

 

手っ取り早い対応としては、汗をかいた洋服を着替えさせる、という方法です!

 

そうはいっても、特にねんねの赤ちゃんを1日に何回も着替えさせるのは大変ですよね。

背中にたまりやすい汗を取り除いてくれるガーゼやタオルがあるので、それを背中に入れてあげて、

汗をかいたタイミングで取り替えてあげると楽ですよ♪

 

通気性の良い肌着や洋服を着せてあげると、汗が肌に付着するのを予防出来ます。

 

こまめにシャワーを浴びさせたり、濡れたタオルや大き目のガーゼで汗がたまりやすい場所をサッと

拭いてあげるのも効果的です。

 

寝苦しい夏の夜は特に汗をかきやすく、無意識にかきむしっていた!なんてことも起こりやすいです。

眠っている最中のケアは難しいですよね。

涼感を感じられるシーツやタオルケット、時にはアイスノン等を利用して、

体に熱がこもりにくい環境を作ってあげるのがおすすめです。



子供にあせもができたら薬を塗ってもいい?

子供にあせもができたら薬を塗ってもいい?

気をつけてあげていても、些細なきっかけでできてしまうあせも。

すぐに小児科や皮膚科へ連れていった方がいいのか、ホームケアで済ませられるのか、難しい所ですよね。

 

皮膚に塗る薬は、ステロイドが配合されている商品もあるので選ぶ際は注意が必要です。

特に小さい子供の肌は敏感なので、非ステロイドの商品を選ぶと安心です。

 

ユースキンのあせもクリームやあせもパウダークリームは非ステロイドで低価格なのでおすすめです。

また古くから知られているユースキンは認知度も高く、比較的店頭での取り扱いが多い商品です。

これひとつで家族揃って使えるのも嬉しいですよね。

 

今は軟膏タイプのものからスプレーやクリームと沢山商品がありますので、

あせもができてしまった箇所によって、塗りやすい商品を選ぶのもポイントかもしれません。

 

ご自身で選んだり、店頭で薬剤師さんと相談して決めた際にも、添付されている文章や用法用量は守って使用し、

出来れば初めて子供に使用する時は、炎症などおきても相談できる様に、

病院の開いてる時間帯に使用してみる事をおすすめします。



赤ちゃんにあせもができた場合は病院に連れて行くべき?

赤ちゃんにあせもができた場合は病院に連れて行くべき?

昨日までプチっとしか出来ていなかった赤ちゃんのあせも。

翌朝になってみて、ババっと広がっていた!なんて経験された事、ありませんか。

はい、私はあります。

うちの子供は肌が敏感な上、汗かきであせもが出来やすい体質が揃っていたので、

気をつけていたにもかかわらず、です(涙)

 

あせもは酷くなるととびひになり、治りにくく、夏中皮膚トラブル続き!なんて事にもなってしまいますし、

あせもだと思って受診したら、離乳食でかぶれた、アレルギーだった、等

別の症状でした、なんてことも稀にあります。

 

赤いプツプツが広がり始めたら早めに小児科や皮膚科を受診して、お薬を処方してもらいましょう。



気づいたら即対応!あせも知らずの肌作りで、夏を元気に乗り越えよう。

子供の背中が あせも でかゆそう!悪化を防ぐための対策は?病院に行くべき?

子供にあせもができてしまった!

痒いのを我慢出来なくてかきむしっているのをやめさせるのも、大変ですよね。

だからといって自分を責めないでください。

夏の肌トラブルは、気をつけていても起こってしまう時があります。

気が付いたらなるべく早めに対応してあげ、綺麗なお肌に戻してあげましょう。

そして清潔に保つ様こまめにチェックしてあげながら、夏を元気に過ごせるといいですね!