幼児に夏の肌着はいつまで着せる?子供が快適に涼しく過ごせる恰好とは?

幼児に夏の肌着はいつまで着せる?子供が快適に涼しく過ごせる恰好とは?

幼児の服装は大人よりも1枚少なく着せるのが良いと言われますが、夏の暑い時期に肌着は着せるべきでしょうか。

大人はTシャツ一枚で過ごすこともありますが、幼児の 夏の肌着 はいつまで着せるべきなのか迷いますよね。

肌着を着せるメリット&デメリット、

暑い夏を子供が快適に涼しく過ごせる恰好について解説します。

 

こんな記事もあります!

子供の背中があせもでかゆそう!悪化を防ぐための対策は?病院に行くべき?

赤ちゃんのいる部屋のクーラーの温度は何度が適温?体を冷やし過ぎない方法は?



暑い夏、幼児に肌着は着せた方が良い?

幼児に夏の肌着はいつまで着せる?子供が快適に涼しく過ごせる恰好とは?

汗でびしょびしょになってしまう暑い夏。

幼児に肌着は着せるべきでしょうか?

「夏は汗をかくから肌着は着せるべき」「暑い日に2枚も着せたらかわいそう」など意見が分かれると思います。

暑い夏に肌着を着るメリット、デメリットを見ていきましょう。

夏に肌着を着るメリット

  • 汗を吸ってくれる。
  • エアコンなどの冷えからお腹を守ってくれる。

子供は抱っこしたり、お昼寝の時などに洋服がめくれてお腹が見えてしまうことがあります。

お腹が冷えてしまうと下痢をしたり、風邪をひきやすくなりますので、肌着を着せているという方も多いでしょう。

夏に肌着を着るデメリット

  • 35度を超えるような暑い日には肌着を着せていたらかわいそう。
  • あせもや湿疹の原因になりそう
  • Tシャツから肌着がはみ出してかっこ悪い。
  • 洗濯物が増える。

着せない派の人にはこんな意見があります。

  • 綿100%のTシャツであれば、肌着と同じくしっかり汗を吸収してくれるからTシャツ1枚でいい。
  • 肌着をこまめにかえるよりTシャツをこまめにかえる方が楽。また持ち物が少し減る。(肌着がないと着替えのTシャツだけで済む)

このように着る、着せないそれぞれにメリット・デメリットがあります。

どの理由も確かに!と納得できますよね。

ではどうすればいいのでしょうか。

 

夏と言っても天気や気温などにばらつきがあるので、それぞれの状況に応じて肌着を着せる・着せないを選べばいいと思います。

着せる日もあれば着せない日もあるという風に、天気予報を見ながら臨機応変に服装を選んであげればいいですね。



幼児の夏服は何を着せればいい?肌着は半そでとタンクトップどちらが心地よい?

幼児に夏の肌着はいつまで着せる?子供が快適に涼しく過ごせる恰好とは?

幼児の夏服、何を着せればいいのか困りますよね。

自宅で過ごすときとお出かけするときによって夏服の着せ方は変わると思います。

場面別に見ていきましょう。

自宅で過ごす場合の服装は?

自宅で過ごすときは、肌着1枚で過ごしてもいいでしょう。

ただし、エアコンの効いている涼しい部屋で過ごすなら、肌着+ロンパースや肌着+Tシャツ・パンツ(スカート)などを着せてあげましょう。

この時の肌着は半そででもタンクトップでもいいでしょう。

また、お昼寝するときに肌着を着ていなかったらお腹が冷えてしまったり、寝汗でシーツがびっしょりなんてこともあるので、肌着を着せてあげることをおすすめします。

お出掛けする際の服装は?

お出かけするときは、エアコンの効いている場所に出かける場合、肌着+Tシャツ・パンツ(スカート)がいいでしょう。

また薄手のパーカーやカーディガンなどの羽織れるものや夏用のレッグウォーマーもあるといいでしょう。

公園など屋外に出かける場合は、肌着なしのTシャツ1枚でもいいかもしれませんね。

肌着は半袖派?!タンクトップ派?!

肌着は半袖とタンクトップと両方のタイプが売られていますが、どちらの方が幼児にとって心地が良いのでしょうか?

肌の弱い子は脇あせも吸収してくれる、半そでタイプの肌着が安心ですね。

Tシャツの袖元から肌着が見えるのはかっこ悪いと思う方は、タンクトップタイプの肌着がいいですね。

肌着の素材もさまざまです。

メッシュタイプやガーゼタイプ、綿100%などがあります。

我が子の肌質や汗の量などを考えて、肌着の種類を考えてあげましょう。



幼児の肌着まとめ

幼児に夏の肌着はいつまで着せる?子供が快適に涼しく過ごせる恰好とは?

夏の暑い日の服装って何を着せたらいいのか困りますよね。

薄着させると冷房でお腹をくだしたり、2枚着させると暑くて熱中症になるんじゃないかと心配したり…。

大切なのは子供が快適に過ごせるように、こまめに着替えさせることですね。

汗でぬれたままの服を着せていると衛生的に良くないでしょうし、身体が冷えたり湿疹やあせもができるかもしれません。

1日に何回も着替えさせるのは少し面倒ですが、この時期だけと割り切って頑張りましょう。