子連れプールの持ち物リスト!2歳・3歳・4歳の場合は?必需品を紹介!

2歳・3歳・4歳の幼児を連れてプール。

大人だけの場合と勝手が違いますので、しっかり準備をする必要がありますよね。

感染症を防いだり、ケガや熱中症の対策もしないといけません。

今回は 子連れプール の持ち物リストをまとめました。

2歳・3歳・4歳と年齢別にもまとめていますので、必要最低限の荷物でプールを楽しみましょう。

 

こんな記事もあります!

子供の日焼け止めはいつから?日焼けしてしまった後の正しいケア方法は?

赤ちゃんの虫除けはいつから?室内・屋外での安全な対策方法をご紹介!



子供とプールに行く時に必須な持ち物は?

子連れプールの持ち物リスト!2歳・3歳・4歳の場合は?必需品を紹介!

子供と言っても年齢によって多少持ち物が変わってくると思います。

今回は2歳・3歳・4歳と年齢別に子供の必須な持ち物をまとめていきます。

2歳児の持ち物リスト

  •   水着
  •   着替え
  •   水泳キャップ
  •   タオル(ラップタオルがおすすめです)
  •   浮輪(アームヘルパー・足入れボート浮輪・腕輪型浮輪など)
  •   水遊び用オムツ(プールの中でのうんち防止のため)
  •   救急グッズ(防水絆創膏・消毒液・ガーゼなど)
  •   飲み物
  •   ゴミ袋(濡れたものを入れるもの、数枚あるといいですね)
  •   屋外プールなら日焼け止め
  •   サンダル(かかとがあるタイプのもの)
  •   目薬(プールには消毒のために塩素が含まれているので、プールのあとの目のケアに必要です)

3歳児の持ち物リスト

  • 水着
  • 着替え
  • 水泳キャップ
  • タオル
  • 浮輪
  • 救急グッズ
  • 飲み物
  • ゴミ袋
  • 屋外プールなら日焼け止め
  • サンダル
  • 目薬

4歳児の持ち物リスト

  • 水着
  • 着替え
  • 水泳キャップ
  • タオル
  • 浮輪
  • ゴーグル
  • 救急グッズ
  • 飲み物
  • ゴミ袋
  • 屋外プールなら日焼け止め
  • サンダル
  • 目薬

サンダルは子供が歩きやすいように、かかとの付いているものがおすすめです。

2歳の息子も今BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のEVA素材サンダルを愛用していますが、

濡れてもすぐ乾くし、カビが生えたりしないので、とっても楽ですよ。

クロックスだとまだ未熟な子供の爪を傷つけたり、剥がれてしまったりするので、足先は開いているタイプが通気性もありおすすめです。



子連れプールを助けてくれる便利グッズをご紹介!

子連れプールの持ち物リスト!2歳・3歳・4歳の場合は?必需品を紹介!

必要最低限の荷物リストは既にご紹介しましたが、

もっと楽にプールを楽しみたい!という方向けに、便利グッズを紹介します。

これで子供とのプールが一層楽しくなること間違いなし!

せっけん

なぜせっけん?と思いますよね。

実は子連れのプールで一番心配なのがプール熱なんです。

プール遊びが終わったら、シャワー室で体をせっけんで綺麗に洗ってあげることで、感染を予防することができます。

ラッシュガード(屋外プールの場合)

今では男の子でもラッシュガードを着るのが普通になってきていますね。

日焼け防止のために持っていれば安心です。

スマホの防水ケース

プール内の撮影が可能な場合は、防水ケースを持っていけばプールで楽しむわが子の写真がたくさん撮れますね。

バスタオル(着替え用とは別に)

子供はいつも全力。

プール遊びで疲れてしまって寝てしまうことも。

そんなときに乾いたバスタオルがあれば、さっとひいてあげてゆっくりお昼寝できますね。

ミニテーブル

ちょっと休憩するときや、軽食を食べる時にものが置けたら便利ですよね。

今は折り畳んでコンパクトにできるテーブルもあるので、

一つ持っていればプール以外でも活躍すること間違いなし。

屋外プールなら簡易テント

ずっと日向にいたら暑いし日射病にもなりかねません。

テントの中で火照った体を休めたり、お昼寝したりできます。

もし更衣室が混んでいれば、簡易テントの中で子供の着替えを済ますなんてこともできますね。



子連れプールの持ち物まとめ

子連れプールの持ち物リスト!2歳・3歳・4歳の場合は?必需品を紹介!

せっかくの子供とのプール、もし忘れ物をしてしまったら100%楽しむことはできませんよね。

この持ち物リストをプールに行く前にしっかり確認して、素敵な夏の思い出の一つにしてくださいね。

子供たちの最高の笑顔が見れますように。