モンテッソーリ教具を100均で手作りする方法《 ストロー落とし 》

モンテッソーリ教具を100均で手作りする方法《 ストロー落とし 》

モンテッソーリ教具 ストロー落とし (日常生活の練習)を100均で手に入るプチプラアイテムで手作りする方法をご紹介します。

工具も必要なくアイテムを揃えるだけでほとんど手を加えていないので簡単に始められます。

先日、おうちモンテ風!買うと高いモンテッソーリ教具をプチプラ材料で手作りする方法。という記事でも《ボール空け移し》《マジックテープ剥がし》というお仕事をご紹介したのですが、

モンテッソーリ教育と言っても家庭で取り組む場合には、モンテッソーリ園で使われている本物の高価な教具を買い揃える必要はありません。

教具を揃えることに注力するよりも、生活に身近にあるアイテムを使ってお仕事をする方がより日常生活の練習に近く、家庭でも長く続けていけるようになります。

今回はボール空け移しを楽しそうに行っていた息子の様子を見て、新たにストロー落としというお仕事を用意してみました。

本当に簡単に用意できた割には、すごく集中してお仕事してくれましたので、何とコスパが良いのでしょうと感激しました。

必要なもの・作り方・総費用・子供が使った様子もご紹介しているので気軽に取り入れてみてくださいね。



こんな記事もあります!

マンガで分かりやすい!『マンガ モンテッソーリの幼児教育 ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』の感想&レビュー。

【おうちモンテ入門】今すぐ家庭で簡単に取り入れられるモンテッソーリ教育のアイデア集。



モンテッソーリ教具 ストロー落とし とは

【おうちモンテ】100均材料でモンテッソーリ教具《 ストロー落とし》を作る方法。

モンテッソーリ教育は手の運動を重要視している

モンテッソーリ教育の土台にあるものは全て、日常生活の練習と呼ばれる分野です。

マンガでやさしくわかるモンテッソーリ教育【電子書籍】[ 田中昌子 ]

という本では、「手を動かすことは人間を作ること、すなわち人格の形成と深いつながりがあるのです。」「人間は、手を動かす作業によって、自分自身を作っていくのです。」と解説されています。

手を動かすことで、自分の意思を持って善悪が判断できる人間へと成長するということだそうです。

したがって、モンテッソーリ教育で使われている感覚教具には、手指を器用に使えるようにするための練習が行えるものが多いのですね。

>>モンテッソーリ教育について詳しく見る

ストロー落としの目的

ストロー落としは日常生活の練習を行うためのお仕事です。

モンテッソーリ教育では、「落とすお仕事」と呼ばれ、親指・人差し指・中指の手先を使ってストローを握る・掴む・落とすという動作を繰り返すことで、脳が刺激され、集中力も養われるという目的があります。

特に1~2歳の子どもは親指を自分の意思で動かすことが難しいので、この動作を行うことによって自然と器用に動かせるようになります。



ストロー落としを100均アイテムで手作りする方法

それでは早速、ストロー落としの作り方について写真付きで解説していきます。

用意するものは、こちらです。

用意するもの
  • 100均のストロー
  • 100均のストローカップ
  • (あれば)その他空き瓶&空き容器
  • はさみ

ご覧の通り、ストロー落としのために用意するアイテムは、ほとんどお金がかからないものばかりです。

材料費は200円(税別)でした!

といっても、今回は既に家にあるアイテムを使ったので、実質お金がかかっていないのですが。

無ければ100均で買えるので、楽に用意できるものばかりです。

【おうちモンテ】100均材料でモンテッソーリ教具《 ストロー落とし》を作る方法。

外出&旅行用に買っていたミニストロー。

180本も入っているので、途中でへなへなになってしまってもすぐ代わりを用意できます。

先端が斜めに尖っていて、お仕事する際には少し危ないのではさみでカットしてあげます。

【おうちモンテ】100均材料でモンテッソーリ教具《 ストロー落とし》を作る方法。

ストローをもともと開いているストローカップの穴部分に入れて落とす、というお仕事内容としては簡単なものです。

このように材料をセットするだけで、今回はほとんど手を加えていません

プラスチック容器にドリルなどで穴を開けるという方法もあるようですが、最初はこんな感じで既製品を使っても問題ないと思います。



実際に使ってみた様子

お仕事をする机に並べると、早速息子は机に向かっていき、ストローを手にしました。

普段ジュースを飲むときにストローを触っているからか、何も提示することなくストロー落としが始まりました。

ストロー全てを入れ終わったら、今度はカップの蓋を外したいのか、外す方法(ねじる動き)を聞いてきましたので、初めて私はここで提示を行いました。

【おうちモンテ】100均材料でモンテッソーリ教具《 ストロー落とし》を作る方法。

カップの蓋を開けて、ストローを全部取り出して、蓋を閉めてまたストローを落として・・・

と1通り行った後、先日用意しておいた別のお仕事 《ボール空け移し》や《洗濯ばさみ》の動作も加わり、発展させていきました。

【おうちモンテ】100均材料でモンテッソーリ教具《 ストロー落とし》を作る方法。

合わせてジャムやボディオイルの空き瓶も設置しておいたのですが、それぞれの蓋をひねって開け、入れられるものを入れていく・・・という風にお仕事内容が発展していきました。

ストローを細い穴に通す作業は、案外難しいようです。

つい何本も一緒に握って入れようとするので、穴に入らなかったストローが飛んでいったり落ちたりして、何度も繰り返し奮闘していました。

モンテッソーリ教具を100均で手作りする方法《 ストロー落とし 》

トングを使ってボールを小さな口に入れる、というお仕事も合わせて提示してみたところ、楽しそうにやっていました。

こちらもかなり指の力が必要になるようで、よくボールを飛ばしてしまっていましたが、何度もめげずに挑戦していました。

モンテッソーリ教具を100均で手作りする方法《 ストロー落とし 》

最初は横に私もくっついて一緒にお仕事をしていたのですが、慣れてくると一人で椅子に座り、お仕事に集中することが多くなりました。

後ろから写真を撮っても見向きもせず。

穴に入れて落とす、という作業だけなのに、蓋を開け閉めしたり、色々な容器に移し替えたり、入るものと入らないものを見極めたり、どのようにしたら入れられるのか、など試行錯誤しているうちに、あっという間に30分~40分ほど経過していました。

今まで1つの遊びに長い間集中して取り組むということがほとんどなかったので、正直とても驚き感動してしまいました。

そしてカラフルなストローとボールを用意することで、それぞれ穴を通すたびに「赤!青!白!」と言うようになりました。

それまで色の名前を発語することも無かったので、これにはとても驚きました。

通すということに加えて、色の概念も理解できるようになったのです。



まとめ

いかがでしたでしょうか。

購入すると高価なモンテッソーリ教具ですが、気軽に100均で手に入る材料を使って手作りすることができます。

特に今回のストロー落としは、ほとんど手を加えずに用意できたので、是非気軽な気持ちで試してみていただきたいお仕事です。

モンテッソーリ教育を頑張らなきゃ!とあまり肩ひじ張り過ぎず、気軽に始められるものから活用していきたいですね。