2019春夏ドラマ

監察医朝顔最終回11話ネタバレ感想口コミ!結末は桑原が亡くなる悲劇⁈

監察医朝顔最終回11話ネタバレ感想口コミ!

2019年9月23日(月)放送のドラマ監察医朝顔最終回11話のネタバレ感想口コミです。

最終回11話では大規模な土砂災害が起こり、朝顔の夫桑原(風間俊介)と神崎が生き埋めになってしまう…⁈

大人気月9ドラマの結末はまさかの悲劇?!

監察医朝顔11話の見逃し動画が無料でフル視聴できる方法も解説します。

ドラマ監察医 朝顔最終回11話のネタバレ!あらすじを解説!

監察医朝顔最終回11話 公式HPでの告知内容は?!

深夜、朝顔(上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入る。山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったのだ。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)を平(時任三郎)に任せ、法医学教室へと急いだ。

事故直前、現場には、桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)の姿があった。反社会組織とつながり、違法な開発や投棄を行っている建設会社を追っていた桑原たちは、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、彼の案内で不法投棄の現場を見に行っていた。

朝顔は、茶子、光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、絵美(平岩紙)とともに不測の事態も想定してさまざまな機材や書類を準備。法医学教室の解剖案件は藤堂(板尾創路)と熊田(田川隼嗣)に任せて現地へと向かった。

早朝、災害対策本部が置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城)だった。
事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていた。土砂崩れによって下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の民家だという。しかし、二次災害の危険があることから、死傷者の数はまだわかっていなかった。

待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察・行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。ほどなく、そこに遺体が運び込まれてくるが……。

フジテレビ 公式HPより

監察医 朝顔最終回11話のネタバレ!

朝顔の夫の桑原真也が殺人事件の捜査で山梨県の産廃物が不法投棄されている場所を検分中に土砂崩れが発生し真也が土砂に埋もれてしまいます土砂から結婚指輪をはめた手だけが映り桑原くんの安否が心配されましたが危機一髪のところで自力で土砂から這い出し九死に一生を得ます

しかしこの土砂崩れにより多数の死傷者が出てしまい深夜茶子先生から遅く朝顔や法医チームに招集がかかり山梨県警からの要請で土砂災害現場に出向くことになります

現場に行く人を決める普段の解剖と災害現場でのものはかなり違うので覚悟があるかを茶子先生が確認しました朝顔は参加することに母が行方不明になった現場に似ているのできちんと自分と向き合ってからの志願でした茶子先生が手際よくチームのみんなに指示を出し検安所の設置準備を勧めます

その後多くの遺体が検安所に運びこまれ法医チームの若手メンバーは怖さと悲しみに襲われます茶子先生はみんなに心が悲鳴をあげたら無理をせず言ってください私たちはそれだけギリギリの場所にいるのです。」と言いました。着々と運ばれてくるご遺体に心が揺さぶられる朝顔たち

被害者家族は早く犠牲になった家族にあわせて欲しいと懇願します光子先生が茶子先生に、「確認が終わったご遺体だけでも先にあわせてあげられませんか?」と尋ねますが、「もしご遺体を別の方と間違えてお渡しした場合どちらの家族も長い苦しめることになるのでできません」と諭します

ご遺体を確認していた朝顔はとあるご遺体は土砂崩れが原因の死因ではなく別のものではないかと気づきます確認をするには解剖が必要となり朝顔が執刀するこのになりましたその結果死因は塩素ガスによる中毒死と断定されます

朝顔から連絡を受けた父の平とそのチームは、国江建設による産廃物の不法投棄の主犯格として国江建設の白石執行役員の行方を追います結果的に白石が逮捕され不法投棄の事実が明らかとなり土砂崩れの原因は大雨による自然災害ではなく人災であると断定します

山梨の土砂災害の件から東京に戻り真也は生きていて良かったと朝顔に語ります一方朝顔は真也に母の故郷で行われる灯篭流しの話をします何年も前から行きたいと思いながら足が向かなかったことを告げ真也が平を含めて4人で出かけることを提案します

列車から降りた朝顔は足が前に進まなくなりましたが娘のつぐみの声に誘われて前に踏み出しますそして祖父の家に向かい真也とつぐみを初めて祖父に紹介します久しぶりに祖父を交えて団欒の最中に祖父の目には亡くなった里子が現れたような幻想を見ますが幻想と分かり仏壇に向かって号泣します

平もいたたまれなくなって家の外に出て海を見ていると後ろから朝顔が追いかけてきます朝顔が天国のお母さんに自分が結婚して娘を生み母親になったこと寂しがり屋のお爺ちゃんとお父さんは大丈夫だから安心してねと語りかけますようやく母の死を受け入れ強い絆で結ばれた親子でした。

その平と朝顔と真也とつぐみの4人で灯篭流しに出掛けます東京に戻りつぐみが発表会の朝を迎えてこのドラマは終わります

この【監察医朝顔最終回11話】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(2週間無料で見放題)

ドラマ「監察医 朝顔」主な登場人物

  • 万木朝顔(まき あさがお/上野樹里)主人公
  • 万木平(まき たいら/時任三郎)朝顔の父親で刑事
  • 万木里子 (まき さとこ/石田ひかり)朝顔の母
  • 桑原真也(くわはら しんや/風間俊介)朝顔の恋人で新米刑事
  • 安岡光子(やすおか みつこ/志田未来)アルバイト法医学助手・医学部生
  • 高橋涼介(たかはし りょうすけ/中尾明慶)臨床検査技師
  • 森本琢磨(もりもと たくま/森本慎太郎)刑事・平の同僚
  • 愛川江梨花(あいかわ えりか/坂ノ上茜)新米刑事
  • 山倉伸彦(やまくら のぶひこ/戸次重幸)係長
  • 藤堂絵美(とうどう えみ/平岩紙)興雲大学の法歯学者
  • 伊東純(いとう じゅん/三宅弘城)優秀な検視官
  • 藤堂雅史(とうどう まさし/板尾創路)絵美の夫
  • 嶋田浩之(しまだ ひろゆき/柄本明)
  • 熊田祥太(くまだ しょうた/田川隼嗣)
  • 桑原つぐみ(くわはら つぐみ/加藤柚凪)



監察医 朝顔最終回11話のネット上の反応・感想口コミは?

朝顔の葛藤と成長を通して災害で苦しむ人にエールを送るドラマだと感じましたドラマの設定で主人公朝顔の母は東日本大震災で行方不明になっていますその事実を受け止めきれない朝顔や祖父の心の葛藤が素晴らしい俳優さんたちにより何の違和感もなく充分に伝わってきました母が災害に遭った故郷に足を踏み入れられない朝顔母の残像を探し続けるその行為を受け入れられない祖父それぞれの想いがゆっくり丁寧に描かれていました震災後初めて訪れることができた朝顔が仙の浦の駅で一歩踏み出すシーン無音で夫の桑原くんと父の平さんが朝顔を見守っているシーン最高でしたそれが本当の姿だよね乗り越えるのには本当に時間がかかるよねと思わせてくれるシーンでした。(60代・男性)

真也が土砂災害に遭遇し生き埋めになりながら自力で這い出てきたシーンを見てほっとしましたもうだめかまた朝顔が苦しむなあと予想していましたのでそうならずに良かったですまた幼馴染みの結衣さんの司法解剖の時からショックで手が震えてしまい執刀できなくなっていた朝顔でしたが今回の土砂災害の遺体解剖では普段通り執刀でき漸くひと山乗り越えてくれましたこの先どうなるのかと心配でしたから早く立ち直ってくれてよかったです山梨から朝顔が自宅に戻った夜に真也が生きていてよかったと述懐するシーンがありましたが非常に実感のこもった演技でした最後に朝顔一家が亡くなった里子の故郷で行われる灯篭流しに戻る場面では電車から降りて直ぐに足が止まってしまう朝顔がつぐみの声で歩き始めるシーンには子供の力の大きさを痛感しました素晴らしいヒューマンドラマでした。(40代・女性)

監察医 朝顔 ドラマ最終回11話の見逃し動画は無料で視聴可能!

監察医 朝顔最終回11話を見逃したけれど、無料で観たいという方は、FODプレミアムという動画配信サービスで観ることができます。

FODプレミアムはフジテレビが運営している動画配信サービスなので、YouTubeなど違法に上がっているものを観るよりも安心安全です。

Amazonアカウントを持っていれば1分以内に簡単に登録できますし、2週間以内に解約すれば実質無料で観ることができます!

解約金などは一切かかりませんので、ご安心ください。

 

監察医 朝顔はFODでは見放題プランの作品!無料期間中に何度でも見返したり、出演者の方の過去作品を楽しむこともできますよ♪原作マンガも5巻まで無料で読み放題♪

 

監察医 朝顔はご遺体をテーマに人の生きた証を見つける、ハートフルなヒューマンドラマでしたね。

朝顔夫婦や父・娘を取り巻く家族愛なども非常に見ごたえがあり、感動的なシーンが多くありました!

最終回が終わってしまって、監察医 朝顔ロスになっている…という方も多いはず!

この機会にこれまでの放送分を何度でも見返して、

まだまだドラマ監察医 朝顔の世界を楽しんじゃいましょう♪

 

監察医 朝顔の原作は、香川まさひとさんの人気コミックです!

この機会に原作の世界も楽しんでみたい…という方は、是非ドラマと合わせて原作もチェックしてみてくださいね!
U-NEXTに無料登録すれば、即600ポイントゲット!今すぐマンガを読めますよ♪
監察医 朝顔をU-NEXTで無料で読むにはこちら!