2022夏ドラマ

競争の番人6話のロケ地どこ?赤羽呉服店やファイブシーズンの撮影場所まとめ

競争の番人6話のロケ地はどこ?赤羽呉服店やファイブシーズンの撮影場所まとめ

坂口健太郎さん・杏さんW主演ドラマ「競争の番人」6話のロケ地・撮影場所がどこなのか気になりますよね。

「競争の番人」6話では、呉服店の私的独占を調査するダイロクでしたね。いつもは冷静沈着な桃園が、めずらしく熱くなる姿が印象的でした。

「競争の番人」6話の舞台となった赤羽呉服店やファイブシーズン、問屋の撮影場所を調べてまとめました!

ロケ地での目撃情報もあわせてご紹介しますので、ドラマを見ながらチェックしてくださいね。

競争の番人 6話のロケ地:赤羽呉服店の撮影場所はどこ?

 

 

「競争の番人」6話で、私的独占でダイロクの調査対象になった呉服店が赤羽呉服店。そのロケ地は、田源でした!

桃園と社長の赤羽千尋の7年越しの因縁の対決は見ごたえがありましたね!あのピリピリした空気の聴取たまりませんでした。お2人の美しさと大人の魅力に引き込まれました。あんなに素敵な千尋に教えてもらえるなんていいですよね!着付け教室に参加してみたくなりました♪

 

 

  • 住所 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2丁目3−8
  • 最寄り駅 小伝馬町駅
  • 公式HP https://www.tagen-group.com/

 

 

創業200年を超える老舗中の老舗でしたね。日本の着物文化をけん引している田源。幕末の時代から「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」の精神を貫いてやってきているなんて素晴らしいですよね。これからも日本の着物文化と伝統を守り続けてくれるお店だと思います。

 

 

競争の番人 6話のロケ地:ファイブシーズンの撮影場所はどこ?

 

 

「競争の番人」6話で、公取に赤羽呉服店のタレコミ電話をしたのがファイブシーズンの井出でした。その井出が経営する呉服店のロケ地は、海老原商店でした!

富裕層を相手にする赤羽呉服店に対抗して、若者にも手軽に着物に触れて欲しいという井出の気持ちに感銘しました。そんな井出がまさか赤羽呉服店を陥れようとしていたとは…。あの反物一つから井出の魂胆を見抜く小勝負はさすがでしたね!

 

 

  • 住所 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目13
  • 最寄り駅 岩本町駅
  • 公式HP https://www.ebiharashoten.com/

 

 

 

なんて深みのあるお店なんだと思いましたが、1927年築の木造建築物だというから納得です。「粋をつむぐ」というコンセプトがぴったりですよね!年に数回だけですが開放されるそうです。ぜひそのチャンスを狙って触れてみたい建物です。

 

競争の番人 6話のロケ地:問屋の撮影場所はどこ?

 

「競争の番人」6話で、赤羽千尋が弟子の井出のために足を運ぶのが問屋の草野屋でした。そのロケ地は、株式会社 丸上でした!

てっきり問屋に圧力をかけていると思っていた千尋が、まさか弟子の井出の成功を願って、あんなに頭を下げている姿に胸が熱くなりました。千尋がどれだけ井出を信頼しているのかが伝わってくるシーンでしたね。

 

  • 住所 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町4−14
  • 最寄り駅 馬喰横山駅
  • 営業時間 9:00~17:00(土・日は定休日)
  • 公式HP http://marujo.jp/

 

 

東西の文化が入り混じる場所で生まれる東京で、最高の一品を創ることを大切にされている株式会社丸上。

ミスドのCMで和服姿の菅田将暉さんも素敵だな~♪と思っていたらこの株式会社丸上の着物でした。さすが東京最大の呉服問屋ですよね!

 

 

競争の番人 6話のロケ地:反物の検査をした撮影場所はどこ?

 

 

「競争の番人」6話で、小勝負に頼まれた六角が、反物の繊維を調べるために持ち込んだのがこの場所。このロケ地は一般財団法人カケンテストセンター 東京事業所 堀留ラボでした!

赤羽呉服店にあった反物と、同じに見えたファイブシーズンの反物。手に取っただけでその違いに気づく小勝負はさすがでしたね♪そんな小勝負の読みを裏付けるためにフットワークの軽く動く六角もグッジョブでした!

 

  • 住所 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1丁目9−10 日本橋ライフサイエンスビルディング7
  • 最寄り駅 人形町駅
  • 営業時間 9:00~17:15(土・日は定休日)
  • 公式HP https://www.kaken.or.jp/

 

日本を代表する第三者テスト機関の一般財団法人カケンテストセンター。一般人の私には関わりない場所だと感じましたが、今では欠かすことのできないマスクの適合検査をやっているのがここカケンだそうです。それを知って一気に身近な存在になりました!

 

競争の番人 6話のあらすじは?

白熊楓(杏)は桃園千代子(小池栄子)の聴取を見学。見事な聴取に感心する白熊に桃園は、小勝負勉(坂口健太郎)は教えてくれないのかと聞く。教わったことは何もないと答える白熊。2人が第六審査に戻ると、小勝負は風見慎一(大倉孝二)、六角洸介(加藤清史郎)と押収した証拠品を身につけて遊んでいるように見える。小勝負は着てみたらいろいろわかるかもしれないと言う。そんな時、新たな調査案件が。
今回の案件は大手呉服店『赤羽屋』による私的独占。事業者が他の事業者の参入を妨害、排除するなどして市場の競争を制限する行為だ。妨害を図っているのは『赤羽屋』の社長、赤羽千尋(真飛聖)で、情報を提供したのは呉服店『ファイブシーズン』の社長、井出香澄(萩原みのり)。
小勝負と白熊は千尋の着付け教室へ。千尋は客には温和だが、従業員には厳しい態度で臨んでいる。次に2人は香澄から話を聞く。香澄は『赤羽屋』で千尋のもとで働いていたが、厳しさについていけずに退職。『ファイブシーズン』を立ち上げ、直接織元と契約を結び、上質な着物を安く手に入れる新しい経営を始めた。だが最近、職人が次々と契約を切るように。香澄は千尋が圧力をかけたのだろうと疑っていた。小勝負たちから話を聞いた桃園は、千尋から事情聴取しようと言い出す。桃園と千尋は過去に因縁があった。

競争の番人 | ストーリー – フジテレビ (fujitv.co.jp)

 

井出のために尽力する楓や桃園にとっては驚きの展開でしたよね。相変わらず小さなことに気づく小勝負の目は素晴らしかったです。まさかみかんや甲冑がその伏線になっていたとは…。完全にノーマークでした!

いつもは楓を落ち着かせる桃園が、柄にもなく熱くなるところがよかったです。信念を貫いて仕事をしている桃園が、7年前の千尋の心を変えたのを見て公取の仕事の奥深さを知りました。楓が警察では気づけないことが、公取では気づけると言っていたのが、まさにこれだと思いました。

刀を振舞わして喜ぶ子どもみたいな小勝負や、千尋を前にデレデレの鼻の下がのびた小勝負が見れたのも嬉しかったです♪

 

競争の番人6話ネタバレあらすじ感想!
競争の番人6話ネタバレあらすじ感想!小池栄子と真飛聖の因縁バトルシーン!2022年8月15日(月)放送のドラマ「競争の番人」第6話のネタバレを含む、あらすじをまとめました! 桃園...

 

競争の番人 6話のロケ地・撮影場所の情報まとめ

「競争の番人 6話のロケ地はどこ?赤羽呉服店やファイブシーズンの撮影場所まとめ」

として、6話に出てきたシーンの撮影場所情報をまとめました!

どんな所で撮影しているのかロケ地が分かると、ドラマを見るのがより一層楽しくなりますよね。

ドラマを見返しながら、是非ロケ地にも注目してみてください♪

また他のロケ地が分かり次第、情報追加していきますね。