2022夏ドラマ

競争の番人1話ネタバレあらすじ感想!川ダイブする坂口健太郎の役者魂が凄い!

競争の番人1話ネタバレあらすじ感想!

2022年7月11日(月)放送のドラマ「競争の番人」第1話のネタバレを含む、あらすじをまとめました!

 

「競争の番人」1話の見どころポイントはコチラ↓
  • 公正取引委員会って一体どんなところ?
  • 異動になってもなお刑事癖が抜けない楓に注目!
  • 吐く息が白いのに小勝負が川にダイブ⁈
  • 25年ぶり月9に出演の山本耕史さんを見逃すな!

 

ネタバレの他にも、ドラマ「競争の番人」1話を見た感想(レビュー)と、ネットの口コミも合わせてご紹介します。

 

競争の番人1話のネタバレ含むあらすじ!

 

競争の番人1話のあらすじ

刑事の白熊楓(杏)はミスをして異動させられてしまう。異動先は公正取引委員会審査局第六審査。勢いよく挨拶して第六審査の部屋に入った白熊だが、出迎えたのは桃園千代子(小池栄子)だけだった。桃園によると、他のメンバーは入札談合の疑いがある大手建設会社に立入検査中。白熊は桃園と一緒に、現場の建設会社へと向かう。

現場に着くと、桃園は第六審査のメンバーを白熊に紹介する。キャップの風見慎一(大倉孝二)を皮切りに、六角洸介(加藤清史郎)紺野守里(石川萌香)が挨拶するが、桃園はもう一人、小勝負勉(坂口健太郎)がいると白熊に教える。メンバーたちが次々に公取の立場の弱さを愚痴る中、白熊は不審な社員を見つけた。

白熊の視線に気づいた社員、豊島浩平(長谷川朝晴)はファイルを持って部屋から逃げ出す。白熊が追うと豊島は資料室に入り、そこにいた男にファイルを渡そうとする。白熊は豊島と男を確保するのだが…。白熊にあらがう豊島に、男が証拠隠滅は『検査妨害』だと解く。疑問を感じる白熊に、男は小勝負だと名乗った。

第六審査に戻ったメンバーは留置した資料を調べ始める。地味な作業に辟易している白熊に、桃園や風見は小勝負は東大法学部を主席で卒業した優秀な人物だと教えた。そんな時、本庄聡子審査長(寺島しのぶ)が現れる。本庄は白熊に小勝負を頼むと謎の言葉をかけた。

第六審査は新たな案件に着手。栃木県のホテル間で行われるウエディング費用のカルテルの疑いだ。風見は現地での調査をするよう小勝負と白熊に命じる。

フジテレビ公式HPより

 

 

競争の番人1話のネタバレ

サイレンを鳴らして一台の白い車を追いかけるパトカー。逃げる車を追いかけるている刑事が白熊楓(杏さん)です。車を捨て逃げる犯人を必死に追いますが、その日はハロウィンの夜、街はハロウィンの仮装の人たちで溢れているのでした。

車を捨て走り去る犯人の姿を一瞬だけ目にした楓。人で溢れる街の中に溶け込んでいる犯人を見つけるために目を凝らします。そんな楓の圧に気づき耐え切れなくりその場から逃げ出す犯人。必死に追いかけ何とか犯人を追い詰める楓でした。

 

時計を確認して後は手錠をかけるだけ…。だったのですが偶然居合わせた小さな女の子とベビーカーを押す母親に、抵抗した犯人がぶつかってしまうのです。そのはずみで坂道を下りだすベビーカー。楓は犯人に手錠をかけ逃げられないように、もう片方を近くの排水管にかけ全力で走りだします。

もう間に合わない…と思わず目を閉じたくなるその場面。絶体絶命!と思いましたがそこには坂道を下っていたベビーカーをしっかりと掴んだ楓が。赤ちゃんが助かってよかったとベビーカーを覗く楓はなぜかあんぐり顔なのでした。

それもそのはず、ベビーカーに座っていたのは赤ちゃんではなく、スーパーのお買い物袋だったのです。楓は慌てて振り返りますが、時すでに遅し。手錠をかけたはずの犯人の姿は、もうそこにはありませんでした。不運にも手錠をかけた排水管が古く、犯人は簡単に逃げられてしまうのです。

必死に犯人を追いかけて、子どもの命も守ろうとした楓。任務を全うしようと全力を尽くしたはずなのに捜査は打ち切りに…。残念なことにこの失態の責任を取らされるのです。その責任が公正取引委員会、通称公取への異動なのでした。

公正取引委員会で結果を出せば、また刑事に戻れるという上司の言葉を信じて新しい一歩を踏み出す楓。公正取引委員会審査局第六審査のドアを気合を入れて開けるのですが、なぜかそこはもぬけの殻状態。

そこへ駆けつけたのが桃園千代子(小池栄子さん)。勢いよく敬礼をして挨拶をする楓を白熊ちゃんと呼び、説明もそぞろに楓を連れて第六審査のみんながいる現場の建設会社へ向かうのでした。

すでに立ち入り検査をしているキャップの風見慎一(大倉孝二さん)と六角洸介(加藤清史郎さん)、紺野守里(石川萌香さん)。自己紹介もそこそこに楓も検査に合流します。公取の「こ」の字も知らない楓は、第六審査のみんなの動きを見様見真似で学ぼうとしますが、みんなの口から出てくるのは公取の立場が弱いという愚痴ばかりなのでした。

どうやらとんでもないところに来てしまったという表情をする楓。そんな楓の目に留まったのは怪しい動きをする1人の社員が豊島でした。書類を持ち出そうとする豊島をつい刑事時代の癖で追いかける楓。必死に逃げようとする豊島が飛び込んだ部屋には、書類に目を通している1人の男の姿が…。

何をしているのかと尋ねる豊島に、「談合の書類を処分しようとしていた」と話すその男。豊島は手にしていた書類を思わずその男に渡すのです。そこへ豊島を追った楓がやってきます。「確保!」と叫びながら、豊島とその男と取り押さえるのでした。

楓に取り押さえられた男は、同じく楓に取り押さえられている豊島に、書類の中身について話し始めます。豊島がその男に手渡した書類がまさに「談合」の証拠。そのことを明らかにした男に、恐る恐る「どちら様ですか?」と尋ねる楓。

そう、この男こそが第六審査のみんなが話していた小勝負勉(坂口健太郎さん)。「談合」の証拠集めるために、みんなとは別行動をしていたのです。これが楓とちょっぴり風変りな小勝負と運命の出会い⁈なのでした。

 

競争の番人1話の感想と口コミ

「競争の番人」1話を見た感想を紹介します!

 

競争の番人1話の感想

杏さんと坂口健太郎さんのW主演ってなんて贅沢なんだろうと噛みしめながら観ました!そしてお2人だけじゃなく、脇を固める個性溢れる顔ぶれの豪華さにさすが月9だと思いました。

いきなり小池栄子さん演じる桃園さんが「競争の番人」ってタイトルを言うシーンや、このドラマが伝えたい「弱いものだって戦わなきゃいけない現実」が直球で描かれていたのが、とてもよかったです。

たった800人で全国の公平を取り締まるって過酷すぎますよね。そんな公正取引委員会のことをもっと知りたくなる第1話でした!

山本耕史さんの熱演も光ってましたね♪公取と天沢雲海のバチバチな対決が面白かったです。一筋縄ではいかなさそうですが、きっと小勝負なら大丈夫!悪どい天沢雲海を手打ちにしてくれると思います!タピオカ飲みたくなった人きっと続出ですね♪

果たして杏さんは、公取でお手柄を挙げることができるのでしょうか⁈「競争の番人」が始まったおかげで月曜の夜が楽しみになりました♪

 

 

競争の番人1話の視聴者の感想と口コミ

「競争の番人」1話を見た視聴者の感想と口コミをピックアップしてご紹介します!

 

 

 

 

 

競争の番人1話のロケ地はどこ?ホテル天沢や結婚式場・食堂の撮影場所まとめ
競争の番人1話のロケ地はどこ?ホテル天沢や結婚式場・食堂の撮影場所まとめ坂口健太郎さん・杏さんW主演ドラマ「競争の番人」1話のロケ地・撮影場所がどこなのか気になりますよね。 「競争の番人」1話では、公正...

競争の番人1話の出演者キャスト一覧と相関図

https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/chart/index.html

 

 

出演者キャスト一覧 

  • 小勝負 勉…坂口健太郎
  • 白熊 楓…杏
  • 桃園千代子…小池 栄子
  • 風見 慎一…大倉 孝二
  • 六角 洸介…加藤清史郎
  • 本庄 聡子…寺島しのぶ
  • 藤堂 清正…小日向文世
  • 大森 徹也…黒羽麻璃央
  • 緑川 瑛子…大西 礼芳
  • 紺野 守里…石川 萌香

 

競争の番人|登場人物と配役!ドラマのキャスト出演者一覧と相関図も!
競争の番人|登場人物と配役!ドラマのキャスト出演者一覧と相関図も!ドラマ『競争の番人』の登場人物と配役が誰なのか気になりますよね。 競争の番人は、公正取引委員会を舞台にしたエンタメ・ミステリーです...

 

1話ゲストも豪華です!

 

 

「さすが月9!」という、錚々たる顔ぶれですね!

 

競争の番人1話のネタバレと感想まとめ

以上、2022年7月11日(月)放送のドラマ「競争の番人」第1話のネタバレを含むあらすじと感想をまとめました!

数々のお仕事ドラマを見てきましたが、まだまだ知らない世界がありました!

このドラマのおかげで公正取引委員会が一気に身近な存在になりそうです。レギュラー陣もゲスト陣もとにかく豪華な顔ぶれで、こりゃあ見なきゃ損ですよね♪