2022夏ドラマ

競争の番人4話ネタバレあらすじ感想!運動音痴な小勝負の走り方がツボ!

競争の番人4話ネタバレあらすじ感想!

2022年8月1日(月)放送のドラマ「競争の番人」第4話のネタバレを含む、あらすじをまとめました!

 

「競争の番人」4話の見どころポイントはコチラ↓
  • ダイロクでまさかの取り調べ⁉久しぶりに刑事白熊が見れるかも
  • 六角のパパがあんな大物だなんてビックリ!
  • 丸川は裏切り者なのか⁉柴野と丸川の本当の関係を探れ!
  • え⁉頭脳明晰でイケメンの小勝負がまさかの運動音痴…
  • 「優越的地位の濫用」とは?!

 

ネタバレの他にも、ドラマ「競争の番人」4話を見た感想(レビュー)と、ネットの口コミも合わせてご紹介します。

 

競争の番人4話のネタバレ含むあらすじ!

 

競争の番人4話のあらすじ

小勝負勉(坂口健太郎)白熊楓(杏)たち“ダイロク”は新たに世界的な電機メーカー「アレス電機」の優越的地位の濫用を調べることに。自社の地位を利用した部品単価の一方的な減額や支払期限の延長を強制する、いわゆる下請けいじめだ。

本庄聡子(寺島しのぶ)が説明していると、『アレス電機』の役員を見ていた白熊が知った顔の男がいることに気づく。それは白熊が強盗殺人事件の捜査中に現場で取り逃がした柴野竜平(岡田義徳)ではないか。しかし、警察は事件の捜査を中止していた。白熊は今度こそ柴野を捕まえることが出来るかもと意気込むが、今は公取委の身なので捜査は出来ない。本庄は、柴野は下請けいじめの中心人物と目されているが、強盗殺人という重大事件に関わっている可能性があると分かった以上、公取委での調査は出来ないと言う。

柴野の案件は公取委から離れたかと思いきや、緑川瑛子(大西礼芳)が白熊の情報を警察に伝えるが警察は動かず、独自に動いた検察も上層部に止められた。桃園千代子(小池栄子)六角洸介(加藤清史郎)に、父親の敦夫(羽場裕一)に聞いてみてと軽口を叩く。敦夫は検察庁の幹部なのだ。ともかく、本庄は『アレス電機』の優越的地位の濫用についての調査開始を告げる。警察や検察の捜査がなくなったからだ。

小勝負と白熊は『アレス電機』の下請け会社へ向かう。他のメンバーもそれぞれに話を聞きに行くが、どの会社も不満は感じているようだが返答は待って欲しいと言うだけだ。ただ、小勝負は『丸川製作所』の丸川俊春社長(吉沢悠)だけは困ったことはないと断言したことに違和感を覚える。

フジテレビ公式HPより

 

 

競争の番人4話のネタバレ

ダイロクのみんなを集めて、これから調査する内容を説明する審査長の本庄。世界的に名を馳せている電機メーカーの「アレス電機」が今回のターゲットで、優越的地位の濫用の疑いがあると言うのです。

本庄が配った資料に目を通す楓。なんとアレス電機の幹部の中に、取り逃がしたあの男の顔があるから驚きで思わず声を上げるのでした。かの有名な「楓が野菜を追いかけてたら強盗殺人の容疑者に逃げられた事件」のあいつです。

一気に刑事の顔を取り戻す楓は、あの時の無念を晴らそうと鼻息を荒くします。柴野という名前もわかり所在も明らかになったことで、これで逮捕できる!と張り切る楓。でも本庄は柴野が重大な事件に関わっているとしたら、この調査は一旦中止と言うのです。

なぜかと尋ねる楓に、公取には捜査の権利はないからと話します。ダイロクが動けない何とも歯がゆ状況を、なぜか喜んでいる様子のキャップの風見。

風見は野球をしている息子の話を始めます。1年生でレギュラーだと自慢しながらチラシを配る風見。みんなで一緒に勝ち進んでいる息子の野球チームの応援に行こうと言うのです。

その数日後、公取に出向中の検察官の緑川がやってきます。楓の情報を警察に伝えたものの警察は動かず…。検察が独自に動いていたのに、上からストップが入ったと言うのです。しかも柴野が捜査対象から外されたと言うから楓は黙っていられません。そんな楓に緑川はこれは圧力だといい、これ以上深入りしないよう忠告します。

六角にパパに事情を聞いて欲しいと頼む桃園。六角の父親はなんと検察庁のお偉いさんだったのです。一度ダイロクの手を離れたのに警察と検察が手を引いたことで、再びダイロクの手に戻ってきた柴野の案件。ダイロクのみんなは下請け業者の聞き取り調査を始めます。結局、風見は息子の応援に行けなくなるのでした。

調査再開でもしかしたら強盗殺人の証拠も見つかるかもと張り切る楓。本庄からあなたは公正取引委員会の職員だと釘を刺されます。

早速、手分けしてアレス電機が下請けいじめをしている実態の調査を始めるダイロクのみんな。小勝負と楓はなぜかアレス電機の新作発表会の会場にいます。アレス電機の新作パソコンに興味津々の小勝負に苛立つ楓。後ろ髪ひかれる小勝負を引っ張って下請け業者に話しを聞きに行くのです。

30社ある下請け業者ですが、どこも下請けいじめのこと話したがりません。明らかにいじめられている証拠あるのに、ダイロクのみんなに右へならえで「調べて連絡する」と同じ言葉を口にするのです。

でもなぜか丸川金属1社だけは「いじめの事実はない」と即答します。このことに違和感を感じる小勝負は、丸川社長のデスクにあったフォトフレームが気になります。

アレス電機に値下げ交渉や返品拒否など厳しい条件ばかり突きつけられてるのに、なぜどの業者もその実態を明らかにしないのか、その理由がわからずにいる楓たち。真剣に話しているのに風見だけソワソワしています。

みんなの話を早々に切り上げようとする風見は、メガホンやお揃いのTシャツが入った段ボールを出し、今からでも遅くない!みんなで息子の応援に行こうと言い出します。珍しくノリノリで早速Tシャツに袖を通す小勝負。

そこへ一本の電話が…六角が焦るのもそのはず。なんと柴野が自らダイロクにやって来たと言うのです。真相を明らかにすると再び鼻息を荒くして柴野の元へと向かう楓。ダイロクが下請けいじめの調査をしていることに気づいた柴野が、先手を打ちにやって来たのでした。

下請けいじめを否定する柴野は、下請けから値下げを申し出たと言います。その証拠だと小勝負に渡した書類は、確かに下請け業者から申し出た内容になっていました。ふと楓の顔を見た柴野は、楓が自分を取り逃がした刑事だと気づきます。悪びれた様子もなく楓を馬鹿にしたような柴野。そんな柴野の態度に楓が冷静でいられるわけもなく、思わず取り調べのような口調になってしまうのです。

帰り際に柴野に向って野球のボールを投げた小勝負。上手くキャッチするのを見て柴野が野球をやっていたことを確信します。これが下請けの中で唯一下請けいじめを否定した丸川と柴野の接点だと小勝負は気づくのでした。丸川のデスクに飾られたフォトフレームには、丸川と柴野が少年野球をしていた頃の写真が入っていたのです。

結局、楓は柴野を追い込むことはできず、それどころか検察からクレームをもらってしまいますが、それでも動きを止めない小勝負。アレス電機ではなく丸川金属を立ち入り調査すると言い出す小勝負に、ダイロクのみんなは反対します。

そんなみんなの声に耳を貸さずに調査に入る小勝負は、ある証拠を探していたのです。それは下請け業者の仲間から裏切り者の疑いをかけられている丸川が、下請け業者の仲間を守っているという証拠。その証拠を見つけた小勝負は丸川に風見の息子の野球大会のチラシを渡します。そして丸川と柴野が所属していたチームが決勝で戦うことを告げるのでした。

小勝負の言葉に動かされ風見の息子が決勝戦を戦っている野球場に佇む丸川。小勝負と楓は丸川にもう一度、下請けいじめの実態を明らかにするように話しますが、丸川は首を縦に振りません。

そこに下請け業者の仲間たちがやってきます。てっきりみんなに責められていると思った丸川は頭を下げてみんなに謝ります。でもみんなは丸川を責めるためではなく、丸川1人に背負わせていたことを、丸川に謝るために集まっていたのです。

小勝負は丸川に柴野との関係を問います。本当の仲間なら声を上げるべきだと話す小勝負の言葉と、一緒に戦おうという下請け業者の仲間たちの言葉に、丸川は柴野と向き合う決意をするのでした。

よしこれから!そう思っていた矢先に、丸川からダイロクに下請け業者の1社がアレス電機から契約を切られたと連絡が入ります。楓は絶対に柴野の下請けいじめを明らかにして、改めてアレス電機と契約を結べるようにすると丸川に約束します。

ですが、そこに検察庁の幹部である六角の父親が現れて、本庄にアレス電機の件から手を引くように伝えるのです。ついさっき丸川に約束したばかりの楓は、またもや見えない権力に行く手を阻まれることになるのでした。

 

 

競争の番人4話の感想と口コミ

 

「競争の番人」4話を見た感想を紹介します!

 

競争の番人4話の感想

今回はやっと封印しかけていた刑事白熊がかなり表に出てましたね!柴野って奴には本当に腹が立ちました。楓がどんな気持ちでダイロクに来たと思ってるんだよってグーパンチしたくなりました。

そんな柴野のせいで今度は検察から嫌味を言われる楓が不憫でした。でもくじけないのが楓のいいところ!ですよねー。「ダイロクでできることをやりたい」そんな言葉を有言実行す不器用だけど真っ直ぐでカッコいい楓が大好きです♪

そして、小勝負もますます好きになりました!やけに今日の小勝負は体育会系を意識するな…って思ってたら、ラストの小勝負のあの走り方。運動音痴のにおいがプンプンする走り方でしたね♪なるほどね!ってなりましたもん!

柴野をあと一歩で追い詰めることが出来そうだったのに、あのタイミングで検察が止めに入るなんて…。始まりは「優越的地位の濫用」でしたが、今回のストーリーもかなり根が深そうですね。今度こそ絶対にあの嫌味な柴野をギャフンと言わせて欲しいです。頑張れ楓!頼んだぞ小勝負!

 

 

競争の番人4話の視聴者の感想と口コミ

「競争の番人」4話を見た視聴者の感想と口コミをピックアップしてご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

競争の番人4話の出演者キャスト一覧と相関図

https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/chart/index.html

 

 

出演者キャスト一覧 

  • 小勝負 勉…坂口健太郎
  • 白熊 楓…杏
  • 桃園千代子…小池 栄子
  • 風見 慎一…大倉 孝二
  • 六角 洸介…加藤清史郎
  • 本庄 聡子…寺島しのぶ
  • 藤堂 清正…小日向文世
  • 大森 徹也…黒羽麻璃央
  • 緑川 瑛子…大西 礼芳
  • 紺野 守里…石川 萌香

 

競争の番人|登場人物と配役!ドラマのキャスト出演者一覧と相関図も!
競争の番人|登場人物と配役!ドラマのキャスト出演者一覧と相関図も!ドラマ『競争の番人』の登場人物と配役が誰なのか気になりますよね。 競争の番人は、公正取引委員会を舞台にしたエンタメ・ミステリーです...

 

競争の番人4話のネタバレと感想まとめ

以上、2022年8月1日(月)放送のドラマ「競争の番人」第4話のネタバレを含むあらすじと感想をまとめました!

やっとの思いで丸川を決断させた小勝負と楓。柴野との勝負にいざ出陣!のはずが、また圧力がかかっちゃいましたね。ダイロクはもう一度動き出すことができるのか…来週が待ち遠しいです!