2022夏ドラマ

競争の番人8話ネタバレあらすじ感想!小勝負を守った本庄の正体は敵味方?

競争の番人8話ネタバレあらすじ感想!

2022年8月29日(月)放送のドラマ「競争の番人」第8話のネタバレを含む、あらすじをまとめました!

 

「競争の番人」8話の見どころポイントはコチラ↓
  • 正義を貫いた小勝負誠に待ち受けていたものとは…
  • 楓が異動になったあの事件と小勝負が追う談合がラクター建設で繋がるとは!
  • ダイイチの立ち入り検査がまさかの中断⁉圧力をかけたのは誰?
  • 身を挺して小勝負を守った本庄…小勝負の敵なのか⁉それとも味方なのか⁉

 

ネタバレの他にも、ドラマ「競争の番人」8話を見た感想(レビュー)と、ネットの口コミも合わせてご紹介します。

 

競争の番人8話のネタバレ含むあらすじ!

 

競争の番人8話のあらすじ

小勝負勉(坂口健太郎)は緑川瑛子(大西礼芳)に呼び出された。緑川は小勝負に、検察の保管庫で見つけた15年ほど前の死体検案書を見せる。公正取引委員会に入ったのは、このためではないかと疑う緑川。その死体検案書には『ラクター建設』や本庄聡子(寺島しのぶ)の名があった。

15年前、本庄は公取の四国支所にいた。四国支所で取り組んでいたのは建設工事の談合疑惑。ゼネコン大手の一角『ラクター建設』の関与が疑われるが有力な情報は得られずにいた。本庄は同僚の三島徹(今井悠貴)とともに『ラクター建設』の木下健一(石井正則)から話を聞く。談合を問う本庄に、木下は否定して社員への聞き込みも迷惑だと断った。本庄が周囲を見回すと『ラクター建設』のような大手が相手にしそうにない小さな建設会社『小勝負建設』の調査資料を発見する。
本庄と三島は『小勝負建設』へ。社長の誠(高橋努)は談合の件など知る由もない様子。そんな時、誠が参加していた工事の入札に漏れたと連絡が入った。仕事がうまくいっていない誠は落胆し、妻の朋子(遠藤久美子)も途方に暮れる。それでも誠は、心配する息子の勉(市原匠悟)に、なんとかなると安心させた。勉も「弱くたって戦わなきゃ」と返す。この勉こそ、後のダイロクの小勝負だ。家族に「なんとかする」とは言ったが仕事が回らない誠。そんな時、木下が誠にある話を持ちかけた。それは、入札談合の誘いだった。

競争の番人 | ストーリー – フジテレビ (fujitv.co.jp)より

 

 

競争の番人8話のネタバレ

保管庫で緑川が見つけた供述調書にあったのは小勝負の父である小勝負誠の名前。そして今のダイロクの審査長の本庄聡子の名前でした。

2007年、本庄は四国支所にいました。ゼネコン大手4社が絡んだ談合の調査をする本庄。その談合を取り仕切っているという噂のラクター建設へ聞き取り調査に行くのです。ですが白を切るラクター建設の木下。

そのラクター建設の取引先の資料にあったのが小勝負建設の名前を見逃さなかった本庄。大手であるラクター建設がなぜこんなに小さいな小勝負建設と取引を検討しているのか違和感を覚えたのです。早速詳しい話を小勝負建設に聞きに行くことにします。

やっぱりそこは小さな建設会社で、とても順調な経営をしているようには見えません。そんな小勝負建設の周りで次々に倒産していく建設会社。小勝負建設もいつそうなってもおかしくありません。そんな折にラクター建設の木下が小勝負建設を訪れるのです。

まさに噂になっている談合の話を持ち掛けにきた木下。そんな卑怯なマネは出来ないと一度は断る小勝負に、家族や社員を守るために談合は当然の手段だと言い切ります。心を痛めながらもみんなを守るためには仕方なく決断する小勝負。木下の話を受けることにするのです。

仕事が順調に入りだし喜ぶ妻の朋子でしたが、周りの建設会社は次々に倒産していくのです。その現状に耐え切れず他の建設会社にも仕事を回して欲しいと木下に頼む誠。でも木下は全く聞き入れてくれないのです。

経営が苦しそうだった小勝負建設が仕事を取れるようになったことを喜ぶ本庄。同時になぜ急に仕事が増えたのかが気になります。小勝負建設のように潤っている建設会社もあれば、時を同じくして倒産する会社も増えていることに、明らかに何かの力が働いていると感じる本庄。小勝負建設で事情を聞くのですが何も話してもらえません。

本庄が帰った後、誠は息子の勉に言うのです。「この国はブレーキの壊れた列車」上から走れと言われたら、それが正義に反することでも止まることはできない世の中だと嘆きます。勉は父親に向ってそんな世の中を変えてみせると目を輝かせるのでした。

勉の言葉を聞いた誠は、談合に加担していたことを本庄に告白することを決めます。どうして話す気になったのかと尋ねる本庄に、誠は息子の勉に恥ずかしいことは出来ないそう思ったからだと言うのです。誠の情報を元に本庄はラクター建設に立ち入り調査に入るのですが…。

その行動で小勝負建設は裏切り者として扱われ、ラクター建設の圧力がかかり一気に仕事も信用も失ってしまいます。そんな誠の姿を遠目で見守る本庄は複雑な気持ちになるのです。自分が正義を貫いたことで家族を大変な目に遭わせてしまったと悔やむ誠。

そんな誠は自らの命を絶ってしまいます。ただその前に本庄に電話をしていた誠。談合の取りまとめをしているのは藤堂だと言い残していたのです。誠の葬儀で藤堂の姿を見かける本庄。でも本庄は藤堂に何を言うわけでもありませんでした。

そして今。父親が関わった談合の奥に藤堂がいることを確信している小勝負は、本庄のところに直接確かめに行きます。緑川が見つけた資料を見て、この談合に藤堂が関わっていることを知っていたのかと本庄に尋ねますが、きっぱりと自分は知らないと言い切る本庄。

そんな藤堂は現在でも変わらず談合を企てているのでした。湾岸地区の大規模な開発が行われるのですが、そこにも藤堂の力が加わっていました。なんとかこの談合の証拠を掴みたい公取は、ラクター建設の立ち入り検査へと動きだします。

その頃、楓は小さな建設会社にいました。そこもまた談合の余波によってかなり苦しい経営状態でした。まるで昔の小勝負建設のような状況です。なんとか入札を取って支払いができるように頑張るという社長夫婦。そんな2人にとって談合は暗黙の了解。この会社だけでなく東京の全ての建設会社は談合に苦しめられていると話すのでした。

こっそりとラクター建設の木下と会う本庄は何やら封筒を受け取ります。やっぱり本庄はラクター建設と繋がっているのか?そして藤堂を追い込むための情報集め…⁉

ラクター建設に立ち入り検査に入るダイイチ。ただ事前に藤堂からこの立ち入り検査の情報をもらっていたラクター建設は余裕しゃくしゃくです。徹底的に調べ上げると小勝負が息巻いた直後、上からの命令でダイイチの立ち入り検査は中止させられるのです。

藤堂の仕業だと直感する小勝負でしたが、ラクター建設の幹部は白々しくとぼけるのです。まだダイロクに戻ってこない小勝負を心配してやってきた緑川に、なぜダイイチの立ち入り検査が中止になったのか尋ねる桃園。噂によると官僚からの圧力だと言うのです。

公取に戻ってきた小勝負でしたが、まだやることがあると言います。そう楓に言い残しまた出ていきます。向かった先には本庄の姿が…。そしてその本庄の目に前には藤堂がいたのです。藤堂と本庄の関係とは一体何なのか?

そんな疑問を抱いた小勝負は本庄に藤堂との関係性を尋ねます。藤堂を追い詰めるために公取に入った小勝負。これ以上自分の邪魔はしないでくれと本庄に言いますが、本庄は小勝負には藤堂を捕らえることは出来ないと言うのです。

父親の葬儀の場で談合のことを話していた藤堂たちを見かけた子どもの頃の小勝負。「人1人死んだくらい談合にとって何てこともない」という藤堂の言葉に、怒りを爆発させた小勝負。藤堂に飛び掛かりますが、簡単に投げ飛ばされます。父親との大切な思い出の設計図を踏みつけられた小勝負は、いつか藤堂の談合を暴いてやると強く心に誓うのでした。

その小勝負は、湾岸地区の開発セレモニーを終えた藤堂の元へと向かいます。面と向かって談合の日時を尋ねる小勝負。ですが藤堂は談合はそんなに悪いことなのかと逆に尋ねるのです。競争こそ悪だという藤堂に、絶対に談合を止めてみせると言い切る小勝負でした。そんな藤堂の談合に関わる情報を入手するためにあるビルに向う小勝負。

でも、その情報とは小勝負を呼び出すための罠だったのです。ナイフを持った男に襲われる小勝負。逃げ場もなく絶体絶命だと思ったその時に本庄が現れるのです。小勝負をかばい刺され倒れこむ本庄。小勝負は横たわる本庄を抱きかかえ、本庄の名前を力の限り叫ぶのでした。

 

 

 

競争の番人8話の感想と口コミ

「競争の番人」8話を見た感想を紹介します!

 

競争の番人8話の感想

小勝負の過去が一気に明らかになりましたね。なぜあんなに優秀な小勝負が公取に入ったのかがよくわかりました。公取じゃなきゃ意味がなかったのですよね。父親を失った悲しみの中での、あの藤堂の言葉はとても同じ血が流れている人の言葉とは思えませんでした。

そして楓が公取にくるきっかけになったあの事件で殺されたのが、ラクター建設の重役だったとは、まさかのところで繋がりましたね。きっと木下が本庄に渡していた封筒の中身が、藤堂を追い詰める切り札になると思います。

もうラストまでノンストップで進む展開になりそうですよね!小勝負と楓があの藤堂に正義を突きつける日は近いはず。その日を信じてダイロクのいや公取の力を一つにして談合にまみれている社会をぶち壊してくれると信じています!

 

 

競争の番人8話の視聴者の感想と口コミ

「競争の番人」8話を見た視聴者の感想と口コミをピックアップしてご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

競争の番人8話の出演者キャスト一覧と相関図

https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/chart/index.html

 

 

出演者キャスト一覧 

  • 小勝負 勉…坂口健太郎
  • 白熊 楓…杏
  • 桃園千代子…小池 栄子
  • 風見 慎一…大倉 孝二
  • 六角 洸介…加藤清史郎
  • 本庄 聡子…寺島しのぶ
  • 藤堂 清正…小日向文世
  • 大森 徹也…黒羽麻璃央
  • 緑川 瑛子…大西 礼芳
  • 紺野 守里…石川 萌香

 

競争の番人|登場人物と配役!ドラマのキャスト出演者一覧と相関図も!
競争の番人|登場人物と配役!ドラマのキャスト出演者一覧と相関図も!ドラマ『競争の番人』の登場人物と配役が誰なのか気になりますよね。 競争の番人は、公正取引委員会を舞台にしたエンタメ・ミステリーです...

 

競争の番人8話のネタバレと感想まとめ

以上、2022年8月29日(月)放送のドラマ「競争の番人」第8話のネタバレを含むあらすじと感想をまとめました!

まさか小勝負の身代わりに本庄が刺されるなんて、最終章にふさわしい展開になりましたね。全く悪びれていない藤堂を、小勝負がどうやって追い込むのかが見どころです!