グアム子連れ(2歳)旅行記!幼児連れ海外旅行の行き先にグアムはおすすめ?!

グアム子連れ(2歳)旅行記!幼児連れ海外旅行の行き先にグアムはおすすめ?!

2歳の息子を連れてグアムに子連れで行ってきました。

今まで子連れで7か国旅行してきましたが、幼児連れの海外旅行先にグアムは本当におすすめできるのか検証してみました。

実際にグアムで2歳児と子連れ旅行をしてみて、良かった点と大変だった点を旅行記としてエピソードをまじえ、ご紹介します。

 



グアムに子連れ旅行!2歳児の息子と一緒に初グアム!

2歳3か月の息子を連れて、急遽グアムに旅行に行くことになりました。

息子が産まれてからは、タイ・フィリピン・台湾・香港マカオ深圳など沢山の国へ訪れてきたのですが、見事に全部アジア!

グアムのように、欧米圏でがっつりビーチリゾートに息子と一緒に行くのは初めてです。

しかも今まで子連れで行った国は、息子が産まれる前に既に行ったことがある国でしたので、なんとなく土地勘や過ごし方なども理解していたのですが、グアムは夫婦ともに初めての旅行先。

旅行会社で働いていた時に子連れに沢山グアムを紹介してきたけれど、実際に自分が子供を連れていくことになって感じたことは・・・?!

SaYang
やっぱりグアムは子連れ旅行に最適でした♪笑

今回は2歳の息子と1週間グアムに滞在した経験から感じたことを、良い点と注意点について詳しく解説していきます。



子連れ海外旅行にグアムが良いなと思った点は?

グアムに子連れ (2歳) で行った旅行記!幼児連れ旅行にグアムはおすすめ?

フライト時間が短い!

2歳児連れの海外がグアムで良かったなと思うことは、フライト時間が短いということ!

3~4時間で到着する、海外旅行の中でも短いフライト時間で行ける外国なので、退屈しがちな幼児を連れて行く場所としてはもってこいだと思います。

子供もあまりにも椅子に座っていなければならない時間が長いと飽きてしまいますし、何より子供のお世話をする親が大変です。

息子の場合、往路は空港でお昼寝をしてしまったので機内ではずっと起きていました。

もしこれでもっと長いフライト時間だったら・・・と思うとしんどかったです。

復路は空港から寝始め、機内でも2時間くらい寝てくれたので(ずっと抱っこではありましたが)かなり楽でした。

田舎なので行動範囲が狭くて済む

海外旅行に行くと、ついアクティブに色々と観光に行きたくなってしまいますが、幼児連れの場合は子供のペースに合わせた旅行プランにしなければなりません。

良くも悪くもグアムには観光する場所があんまりないので(笑)、

子供とゆっくり過ごせればいいか~♬という気持ちに落ち着きます。

街の中心部も狭く、見るところやお店がギュギュっと集まっていますし、歩道も広いので、安心して子供を歩かせることができます。

プールと海で子供は満足できる

滞在中は毎日プールや海で遊びました。

グアムのホテルはファミリー向けに幼児でも滑れるスライダーや子供向けの浅いプールなどが充実しているところが多いです。

ホテルもグアムプラザ・PICグアム・オンワードなどを選べば、かなり本格的なプール遊びが堪能できます。

私たちは今回グアムプラザホテルに滞在したので、滞在中毎日無料で併設のウォーターパーク「Tarza」で遊びました。

2歳の息子は大はしゃぎで、スライダーを滑り終えると「もう一回!」と何度もせがみ、波のプールでも泳げないのに自分で泳ごうとしたり・・・とかなりの成長を感じることができました。

海も綺麗なサラサラの砂浜は、お砂場遊びが大好きな幼児にピッタリです!

大型ホテルには子供用施設もある

グアムに子連れ (2歳) で行った旅行記!幼児連れ旅行にグアムはおすすめ?

大型ホテルではファミリーの利用客が多いので、充実したプールに加えて、キッズルームや子供用のアスレチックが設置されているところも多いです。

PICのアスレチックは、普通に公園だと思うくらいしっかりしたつくりになっていました。

宿泊したヒルトンホテルにも、アスレチックやおもちゃがたくさんのキッズルームがあり、お天気が良くない日や少し肌寒い日でも、子供を遊ばせることができる施設があるのは良いことだと思います。

日本語が通じる

グアムに来て一番驚いたことが「日本語が通じすぎる!」ということです笑。

グアムの日本人向けフリーペーパーもありますし、たいていのホテルには日本人もしくは日本語が話せるスタッフさんがいたりします。

オプショナルツアーのガイドさんも日本語が話せる方が多いです。

更には街中の案内表示のいたるところにも日本語表記があり、公共の分別ごみ箱にも「プラスチック・燃えるゴミ」などの日本語が!!

これにはさすがにびっくりしてしまいました。

レストランでも日本語メニューがあるところが多いので、よく分からないままオーダーしたら全然違うものが出てきた!というハプニングもありません。

従ってグアムは「子連れで不安がある方」や「英語力に不安がある方」「旅行初心者」の方には最適な旅行先であると思います。

逆に英会話を頑張りたい!という方には不向きかも・・・

英語で話しかけても日本語で返答されることもありましたので笑。

日本食が手に入りやすい

日本人観光客がとっても多く訪れるグアム。

アメリカなのでジャンキーなお料理が多いかと思いきや、日本食も手に入りやすいんです♪

街中でよく見かけるコンビニエンスストア「ABCマート」では少し高いですがおにぎりが手に入ります。

子供が食べられるメニューが少なそう・・・というお店に行きたい場合でも、ABCマートでおにぎりと買っていけばOK!

(一般的にレストランへの持ち込みはあまり良くないですが、子供の食事ならまぁOKでしょう)

またラーメン屋さんや日本料理のお店もあり、日本人の口に合いやすい食事を提供してくれているので、子供のことを考えてたまには利用してみるというのもいいでしょう。

レストランでの子供への対応がありがたい!

滞在中利用したレストランは、特に子連れに優しいレストランをピックアップして入ったわけではありませんでしたが、必ずと言っていいほどキッズチェアやソファ席用のチェアを用意してくださいました。

また何も言わなくても、入店と同時に塗り絵セットを持ってきてくれるお店も多く、食事の時間に退屈しがちな2歳の息子の場合は大変助かりました。

そんなに店内が狭いレストランも無く、ベビーカーやキッズチェアを使っても、圧迫感を感じることなく余裕をもって食事ができたのが良かったです。

子ども用のカトラリーやお皿も用意してくれます。

子連れへの配慮が行き届いているのは、ファミリーで来る旅行客が多いグアムならでは!

子連れへの対応や理解は日本よりも進んでいるかも知れません。



子連れグアムで大変だったこと&注意点は?

グアムに子連れ (2歳) で行った旅行記!幼児連れ旅行にグアムはおすすめ?

グアムは日差しが強い!

日本と大きく異なるところが、日差しがとっても強いということです。

子連れでグアムに行く場合、プールや海などの野外アクティビティを楽しむことが多いと思いますが、子供の肌は大人に比べて弱いので、必ず日焼け対策はするようにしてください。

日差しが強いと肌へのダメージも強いですし、体力も奪われてしまうので、体調を壊しやすくなります。

私は生まれつき肌が白く、日に当たるとすぐに赤く痛くなってしまうのですが、幼少期にハワイやシンガポールなどで海水浴をしていると、すぐに水膨れになってしまっていました。

軽度のやけどになってしまい、現地で病院に行くこともありました・・・

息子も私の肌質を継いでしまったのかとても色白なので、水着の上には必ずラッシュガードを着せ、赤ちゃん用の日焼け止めを塗りたくりました笑。

ちょっとヒリヒリして痛い様子を見せていましたが、日焼け対策をしていたからか、黒くなったものの、それほど強いダメージは受けていないようでした。

フライト時間と機内サービスが微妙・・・

グアムに子連れ (2歳) で行った旅行記!幼児連れ旅行にグアムはおすすめ?

今回のグアム渡航はユナイテッド航空でした。

直前に予約したため安かったユナイテッド航空を選びましたが、正直機内サービスは微妙でした。

大人だけの場合は何ら問題は無いのですが、キッズチャンネルも無いし、配信されている映画もかなり少ないので、息子の気を紛らわせることに苦労しました。

持っていったシールブックや塗り絵やお菓子(笑)で何とか気を紛らわせるも、座席でかなり暴れてしまい、周りの方に迷惑をかけるのではないかという心労が凄かったです・・・

あとあと調べるとJALやANAなどの日系会社の場合、子ども向けアニメチャンネルがかなり充実していた様子・・・そっちにすれば良かったと後悔!!!

フライト時間も往路は夜間や深夜に到着するものが多いので、フライト中に寝てくれればいいのですが、機内を降りてからホテルに向かうまでにあれこれ移動していたら起きてしまうでしょうし、

完全に目覚めてしまったらホテルに着いてから寝付けない・・・という問題もあります。

フライト時間が短いのは嬉しいけれど、3時間だと睡眠時間的には中途半端になってしまいますね。

ショッピングモールの室内遊び場は期待外れ・・・

グアムに子連れ (2歳) で行った旅行記!幼児連れ旅行にグアムはおすすめ?

海外に行くと、息子の動きたい欲を満たしてあげるため、子供の遊び場を調べておくようにしています。

事前に調べると、グアムプレミアアウトレット(GPO)の中やマイクロネシアモールの中に子供の遊び場があると分かり、いざ遊ばせようと行ってみましたが・・・

SaYang
正直微妙でした ^^;

たまたまかも知れませんが、GPOの無料プレイスペースはメンテナンス中で入れませんでしたし、遊具もありませんでした。

マイクロネシアモールの室内遊園地は少し期待していたのですが、日本のゲームセンターのような感じで、ゲームや乗り物も壊れていて使えないものばかり・・・

ふかふかのアスレチックもとても小さくて、日本にある同様の遊び場に比べると、わざわざグアムに来てまで遊ばせるものではないと言わざるを得ない状態でした。

グアムでしたら、プールや海などで沢山遊ばせるのが一番良いということが分かりました。



グアム子連れ旅行の体験談まとめ

2歳の息子を連れて初めて行ったグアム旅行。

子連れ旅行の目線で良かったことと注意したいことをまとめました。

息子としても、プールや海でたっぷり遊べてとっても満足していたみたいですし、楽しそうな姿を見られて親としても大満足でした。

子連れ旅行なので大変なこともありましたが、今まで行った他の国と比べても断然子連れには優しく、ストレスを感じることが少ない旅行先だと思いました。

今後幼児を連れてグアム旅行に行くという方の参考になれば幸いです。

★これからグアムに行く方におすすめのクレジットカード

海外旅行に行く際は、クレジットカードを持っていくのがおすすめ!

これからクレジットカードを作るという方は、年会費無料で審査も簡単な楽天カードが便利です。旅先で貯めたポイントは、日ごろの楽天市場でのお買い物でも使えます♪ 現地通貨を持っていなくてもクレジットカードがあれば、ほとんどのお店で決済できますし(中にはチップを払えるお店も!)、ATMで簡単に現金引き出しもできるので、1枚持っていればとっても便利ですよ☆彡

 

★これからグアムに行く方におすすめのレンタルWi-Fi

公共Wi-Fiは弱くて使えないこともあるし、セキュリティ的にも不安・・・
予めポケットWi-Fiをレンタルしていけば、旅先で常にフリーWi-Fiを探す手間が省けるし、Grabなどのタクシー配車アプリもいつでも使うことができて便利です!

海外でも日本と同じ通信環境を整えてストレス知らずに♪

 

★これからグアムに行く方におすすめのガイドブック

最近はネットでもたくさん情報が出ていますが、ネットが使えない場所や機内などでの情報収集にはやっぱりガイドブックが便利です。
地図をいつでも開くことができますし、なにかと重宝しますよ♪