【マニラ】アラバンに博多で大人気のラーメン店「 一幸舎 」がOPENしたと聞いて早速行ってきた。

博多で有名なラーメン屋さんの 一幸舎 が2018年3月にマニラにオープンしたと聞いて、

フィリピンのラーメン屋巡りが大好きな私としてはどうしても行ってみたかったのですが、

今回アラバンというエリアに宿泊することになり、すぐ近くに一幸舎があることが分かったので、満を持して食べに行ってきました!

今回の記事では、マニラで美味しいラーメン屋さんを探している!という方に向けて、

この記事の内容
  • 一幸舎について
  • 行き方とお店情報
  • 店内の様子
  • メニュー
  • お料理
  • 子連れ向きかどうか

を実際に撮ってきた写真と共に詳しく解説します。



こんな記事もあります!

【マニラ】BGC ハイストリートでいつも大行列の丸亀製麺 MARUGAME UDON

【マニラ】第3ターミナルの『ラーメン凪』は天丼秋光と併設され、ラーメンと天丼の同時オーダーが可能。



一幸舎 とは

日本のラーメン屋チェン

博多一幸舎は、

本店を福岡市博多区に置くラーメンのチェーン店である。豚骨ラーメン専門店として福岡県下を中心に、東京、兵庫、大阪、京都、岡山、札幌、沖縄と、国内15店舗、世界9か国37店舗を展開(2018年3月時点)している。運営会社は、株式会社ウインズジャパン(福岡市)。

Wikipediaより引用

世界、とくにアジアに多く進出しているようです。

九州では結構有名なようですね。

実は私は食べたことが無かったのですが、九州出身の主人がよく食べていたようで、美味しいという噂は聞いておりました。

メニューには店舗一覧も。

フィリピンではセブでもセブシティ内のJYスクエアモールにできたようです。

セブのマップも載せておきますね。

一幸舎マニラ店はどこにある?

アラバンという街の中心地にある、Festival Mallの中に入っています。

アラバンとは、国際空港やマニラの中心地と言われるマカティなどから南へ行った、モンテンルパという地域にある街です。

Commerce Avenue Filinvest Corporate City,
Alabang, Muntinlupa, Metro Manila, フィリピン
Upper Ground Floor of Festival Supermal

営業時間は11:00〜21:00となります。

Festival Mallについては別の記事でご紹介していますので、良かったら合わせて読んでみてくださいね。

マニラのアラバンで一番大きなモールFestival Mall!館内遊園地や日本食も充実!

2018年7月9日

モールの中の行き方

一幸舎がある!という情報だけを頼りに歩いて探したら全然見つかりませんでした。

探すこと約1時間。

諦めかけていたころ、お好み焼き屋のぼてじゅうがNEW OPENしたという看板を見て、

「もう、ぼてじゅうでいいんじゃない?」と向かっていたところ、

すぐ近くにありました!

ぼてじゅうをこの写真の角度から見て、右上の2階にありました。(ぼてじゅうは1階)

見つけるまでかなり迷いましたが、Water Garden エリアにあります。

ショッピングモールから一度外に出るような形になっていて、テラス沿いに飲食店が並んでいます。

セブのアヤラモールのテラスみたいな雰囲気だなと思いました。

外観

モール内の雰囲気とは一風変わった、ちょっとこじゃれた雰囲気のテラスを見上げると、

2階(Upper Ground Floor)に一幸舎の文字が!!!

見つけたときの嬉しさったら、もう!!笑。

内観

2018年3月オープンということで、店内も清潔に保たれていました。

スタッフさんも丁寧な対応をしてくださって、日本語であいさつしてくださったし、きちんとスタッフ教育も行き届いているなと言う感じ。

一番壁側のテーブルはソファ席になっていました。

ベビーチェアもしっかり完備されていて、助かりました!

気になるメニューは?

マニラ一幸舎メニュー

日本でのメニューとほぼ同じようですね。

基本の一幸舎味玉ラーメンというラーメンが、ここでいう味玉豚骨ラーメンのことでしょうか。

調べたところ日本だと1皿800円だそうなので、

日本よりフィリピンの方が若干安い感じですね。(700円くらい)

フィリピンの日本料理だと、ジャパニーズブランドがついて日本よりお高くなるケースもあるのですが、良心的な価格で食べられて嬉しい限りです。



レビュー

私たちが今回頼んだメニューは、

  • 豚骨ラーメン
  • 黒ラーメン
  • 餃子
  • チャーシュー丼(たしかそんな名前だったような・・・)

です。

一幸舎のラーメンの特徴と言えば、下記の公式ページにも書いてある通り、

本物の博多とんこつラーメンは、
こだわりぬいた職人技から生まれる。

2つの特注巨大羽釜で、丁寧に下処理をした大量の豚の頭骨・背骨・丸骨を、 骨が砕けるまで強火で炊き続け、熟したスープに若いスープと骨を頻繁に入れ替えながら、最高の状態の旨味、甘み、骨の味を引き出す、熟成追い炊き製法で一幸舎のスープは生まれます。 スープから出る豚骨の「匂い(香り)」と、油と水が合わさる事で出来る、きめ細かな「泡」が手作りの証であり、本物の豚骨スープの証です。

一幸舎公式HPより引用

クリーミーな泡がたったスープなんですね。

博多で有名ということで、勝手に一蘭や一風堂みたいな感じなのかな~と思っておりましたが、

ここまで泡立ったスープを頂くのは初めてかも知れません。

フィリピンは外が湿気と熱気であっつーいので、夏バテ状態になりがちですが、

一幸舎のスープは九州特有の濃厚な味付けにもかかわらず、

そこまでねっとり重い感じもなくて、ペロリと食べられました。

麺の硬さは選べたと思います。

私は横浜家系が好きなので、実はあまりバリカタ派ではないのですが、

硬さを普通にして貰っても全然大丈夫でした。

まぁ、息子に食べさせたりしていたら、結果的に柔らかくなるんですけどね。

子連れということで、ミッキーさんの可愛いキッズプレートも出してくれました。

プラスチックなので割れなくて安心。

黒ラーメンは焦がしニンニクの油を使っているようで、さらに濃厚な味わいでした。

ちょっとごま油っぽい味もしたかな。

とても美味しかったですが、私としては普通の豚骨の方が好みかも。

写真では写っておりませんが、息子のために頼んだチャーシュー丼が意外にも大ヒットでした。

息子も気に入ったようでたくさん食べていましたし、ちょっとニンニクがきいていて、しっかり味付けされていて美味しかったです。

餃子もいただきましたが、日本だと250円で食べられるそうなのでここマニラだと120ペソなので同額か、ちょっと高いくらいですね。

価格は相応だと思います。

ちゃんと日本のクオリティの餃子で美味しくいただきました。

フィリピンでは餃子が流行っていますが、たまに ん???っていうのもあるので。



利用してみた感想

子連れでラーメン屋ってどうなの?とも思いますが、

日本人オーナーということもあり、子連れにも細かい配慮をしてくださる印象でした。

  • ベビーチェア完備
  • ベビーカーは入り口で預かってもらえる
  • キッズプレートを貸してくれる
  • 退屈しないように、木のパズルのおもちゃを貸してくれる
  • スタッフさんが子どもに優しい!

など、私たち親としても安心してラーメンを頂くことができました。

ちなみにこちらが何も言わずともお貸しいただいた木のおもちゃは、オーナーさんが日本で買ってきたものだそうで、

ボーネルンドおもちゃ

実物とは違いますが、こんな感じのパズルとキューブコースターでした。

どちらも子どもが集中して遊びやすいおもちゃのチョイスで、

SaYang
オーナーさん分かってるぅ!さすが!!

と感心しました。

息子も楽しく遊んでいましたよ!



まとめ

以上、一幸舎マニラ店のご紹介でしたがいかがでしたでしょうか。

アジア諸国でも人気なようなので、ここアラバン店が大繁盛していったら、

どんどんマニラ市内にも店舗が増えていくのではないでしょうか。

今後にも期待ですね!