【バンコク】スワンナプーム空港で免税手続き(VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

タイ国内で外国人旅行者が商品を購入した場合、 免税手続き によって一度課された税金が返ってくるということはご存知でしょうか。

購入した商品の7パーセント分の税金を取り戻すことができるのです。

帰国してからは申請できないので、必ず帰国前に手続きをしておく必要があります。

海外でのお金の絡む手続きってよく分からないし、正しく行えるか不安という方も多いかと思いますが、

順を追って言われたとおりに行えば、案外簡単にできてしまいます。

そこで今回は、つい先日タイから帰国する際に免税手続きをしてきましたので、

その方法を空港で撮影した写真をもとに、詳しく解説していきたいと思います。



こんな記事もあります!

【バンコク】まるで宝石箱!インスタ映えで有名なタラートロットファイ・ラチャダーへのアクセスや撮影スポットをご紹介。

飛行機に乗り遅れた!!セブパシフィック航空に乗り遅れた話とその際の対応方法について。



タイでの 免税手続き VAT REFUND とは

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

日本では商品を購入する際、消費税が課されていますよね。

タイでも同様に、タイ国内での買い物にはVATという税金が適応されます。

しかしタイで外国人旅行客がお買い物をする際は、タイ国内でその商品を使用するということが考えにくいため、申請をすることで税金分を払い戻しし受け取ることができるというシステムがあります。

タイで生活していないのだから、払わなくていい税金は取り返すに越したことはないですね。

しかしタイで消費するお金全てが対象になるわけではなく、ホテル代やレストランなどの飲食代、マッサージやその他サービス代金については対象外となり、基本的には一定額以上の商品をお買い物をした場合が対象となります。

申請が可能な商品の条件
  1. 【VAT REFUND】のロゴが表示されたお店で買い物をすること
  2. 同日、同店舗で2,000バーツ(VAT込み)以上の買い物をすること
  3. 購入日から起算して60日以内にタイの国際空港から国外へ持ち出すこと
  4. 申請者が航空会社の乗務員ではないこと
  5. 持ち出しを禁止されているものではないこと

その他、購入品が未使用であることという条件も目にしたことがありますが、

私の場合は指輪を購入したのですが、購入店でそのまま身につけて出たのにも関わらずお店の方に何も言われませんでしたし、

チェックインカウンターの方にも空港の免税手続きカウンターの方にも何も言われませんでしたので、おそらく大丈夫なのではないかと思います。

箱を見せてとも言われませんでしたし。

でも念のため、不安な場合は購入店で再度確認するか、封を開けない状態で保持しておくことをお勧めします。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

空港での免税手続きが可能な場所は、バンコクのスワンナプーム、ドンムアン、チェンマイ、プーケット、ハジャイ、ウタパオ、クラビ、サムイ、メーファールアンチェンライ、スラタニの空港です。(2019年現在)

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

免税手続きって初めてだと分かりづらくて不安になりますが、購入店では日本語の案内書も同封してくださいましたし、空港のVAT REFUNDカウンターにも案内冊子がありました。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

日本語で書かれたページもありますので、じっくり読んでから手続きすれば問題ないかと思います。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

還付されるVAT税率は7%となります。

でも正直、正確な金額の算出方法ってわかりづらいですよね。

VAT Refund for Tourists の公式サイト(左下)にていくら税金が還付されるのか確認できます。

一応確認しましたが、お店の方が書いてくれた金額ときちんと一致していましたよ。

申請書は購入した店舗のお店の方が書いてくれますが、その際にパスポート情報が必要になります。

パスポートを持ち歩いていることも少ないかと思いますので、パスポートコピーか、携帯で撮影したデータを持ち歩いておくと良いと思います。



スワンナプーム国際空港でのステップ

それではタイから出国する際に利用する、バンコクのスワンナプーム国際空港での免税手続き方法を見ていきたいと思います。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

空港に着いたらまずチェックインをして荷物を預けてしまいたい気持ちになりますが、

タイでのVAT REFUND手続きは、チェックイン手続き前に行いますので忘れないようにしてください。

チェックインカウンターが並んでいる出国フロアの一番右端にありますので、空港内を少し歩くことになります。

タクシーで向かう場合は、一番奥のエントランス(10番ゲート)付近に降ろしてもらえると、重い荷物を引きずりながら移動することが無いので楽ですね。

用意するもの
  1. 申請者のパスポート
  2. お店から貰った用紙(P.P.10 申請書と税金請求書原本)
  3. 購入した商品

ちなみになぜチェックイン前に手続きが必要かと言うと、購入した商品を提示する必要があるからです(Goods Inspection)。

実は私の場合は購入した指輪を既に身につけていたので、航空会社の方に確認した上で荷物を預けた後に手続きを行いました。

多くの方は購入した商品をスーツケースに入れて持って帰るということになりますから、事前の提示が必要になるんですね。

パッキングの際に、スーツケースの奥底にしまってしまうと、提示する際に取り出すのが大変になりますので、予め外に出しておくか取り出しやすいところにしまっておくと良いですね。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

お店から貰った専用用紙は特に何も触ららず、そのまま提出すればOKです。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

購入した店舗でも案内を貰えるとは思いますが、不安な場合は手続きカウンター付近にも英語で案内がありましたので、チェックできます。

2019年現在、残念ながらまだ日本語の案内板は無いようです。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

カウンターにあったVAT REFUND手続きの空港案内図です。

かなり年季が入っていますが、こうしてみると案外分かりやすいですね。

とりあえず今、①最初の手続きが終わったところなので、②チェックインを済ませた後は、③出国審査を受け、④搭乗前にもう一回手続きをすることとなります。

公式HPにもう少し分かりやすい地図が乗っていましたので、チェックしてみてください。

チェックイン ⇒ 出国審査は今まで通り普通に行えばOK。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

税金払い戻しの最終手続きを行うカウンターまでは、このマークを目印にしておけば大丈夫です。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

出国審査を終え、パスポートを受け取ったら、免税店などが並ぶ搭乗フロアに続いています。

VAT REFUNDカウンターは2カ所にありますので、チケットに書いてある搭乗口を確認して近い方に寄るようにしましょう。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

私たちはGゲートだったので、右に160メートルほど歩いたところに手続き窓口を見つけました。

この時は朝の7時くらいだったので申請者は2~3人しかおらず、ほとんど待つことなく手続きを行うことができました。

ただホリディの時期や時間帯によっては待つことも予想されます。

写真に写っている順番待ちのレーンの半分くらいのところで、「あと15分くらい」という表示が出ていたので、このレーンが満員だったとすると、お金を手にするまで30分くらい待つことになってしまいますね。

搭乗時間が近づいているけれど、お金は受け取って帰らなければならない・・・

と焦ってしまうことの無いように、時間に余裕を持って行動したいですね。

バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

万が一時間が無くなってしまった場合には、お店から貰った用紙(ステップ①でハンコを押されていること)をこの箱に投函すれば良いようです。

その場で現金は受け取れませんが、後日の手続きになるのだと思います。

郵送先の住所

投函箱に投稿しない場合は、郵送でも手続きが可能です。

VAT Refund for Tourists Office
The Revenue Department of Thailand 90 Phaholyothin 7, Phayathai, Bangkok 10400, Thailand

その他、もし困ったことがあれば連絡してみてください。

  • 営業時間 月~金 : 8.30 am-4.30 pm
  • ☎ 0-2272-9384-5 , 0-2272-8196
    (海外から掛ける場合は0を取って国番号+66を付けます)
コンタクトフォームも載せておきますね。
バンコクスワンナプーム空港で 免税手続き (VAT REFUND)をする方法を写真付きで解説します。

このカウンターで、先ほどと同じように、パスポートと黄色い申請書をそのまま提示すれば、特に何も指定しない限り現金が返金されます。

クレジットカードや小切手でも返還されますが、手数料が高いので現金がお勧めです。

当たり前だけど、申請書記載通りの金額が現金で戻ってきました~!



まとめ

タイ、バンコクスワンナプーム国際空港でのVAT還付方法について、実際に私が行った手続き方法をご紹介しました。

知らなかった!というだけで、貰えるものは貰っておかないと勿体ない!

それも高額商品であればあるほど、返還額も高額になってくるので、絶対に省略してはいけない手続きです。

戻ってきたお金を日本円に換金しても良いですし、ちょっとしたボーナスと考えて空港でお土産を買って帰ったりもできますよ。

これからタイである程度高額な商品を購入しようと検討されている方、購入後空港での手続きに不安がある方のご参考になれば嬉しいです。

いつもより空港へは早めに到着することを忘れずに!