ICONSIAM バンコクの屋内水上マーケット SOOK SIAM はSNS映え必至!

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

2018年11月にバンコクにオープンしたばかりのICONSIAM グランドフロアにある SOOK SIAM をご紹介します。

フォトジェニックな水上マーケット風の売り場には、タイ全土から集まったローカルフードや雑貨が沢山並んでいます。

ICONSIAMのSOOKSIAMはバンコク旅行のお土産探しにもってこいです。

リバーサイドエリアに宿泊していたので、気に入りすぎて何度も通ってしまいました。

勢いで写真も沢山撮りすぎてしまったので、合わせてその魅力が存分に伝わる様にたくさんレポートしていきたいと思います。

よくあるバンコクの観光地にはもう飽きてしまった方、新たなる最旬スポットを探しているという方に是非読んで頂きたいです。

【バンコク】リバーサイドに新オープンの ICONSIAM (アイコンサイアム)は規格外のショッピングモールで見どころ満載すぎる!

ICONSIAM バンコクの最旬スポット 訪問レポート 2019

2019年1月16日



こんな記事もあります!

バンコクのインスタ映えするナイトマーケット!見どころと楽しみ方は?

ICONSIAMのレストラン【JUMBO Seafood】シンガポールチリクラブが絶品!



ICONSIAM バンコクにある SOOK SIAM とは

https://www.iconsiam.com

SOOK SIAMとは、タイ・バンコクのリバーサイドエリアに2018年11月にオープンしたばかりの巨大ショッピングモール、ICONSIAMのグランドフロア(1階)部分にある広大な売り場です。

売り場全体が室内にあるにもかかわらず、タイのナイトマーケットのような、フードコートのような、何と言っていいのか分からない、不思議な魅力の雰囲気となっています。

いかにもタイらしい!エリアで、タイ全土から集まるローカルフードや工芸品のお買い物などを楽しむことができます。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

新しい観光地として、もってこいのスポットなのではないでしょうか。

ICONSIAMまでのアクセス

ICONSIAMには2020年までに直結の駅がオープンし、モノレールで直通で行くことができるようになるようです。

館内の案内板にも既に「→ BTS 」というように出ていましたので、完成することは間違いないのだと思います。

しかしながら2019年現在は、最寄りの駅からは歩くと結構時間がかかるので、無料のシャトルボート・バスを利用していくのが一般的なルートとなります。

BTSサパーンタクシン駅からシャトルボート、BTSクルントンブリー駅からはシャトルバスが出ています。

その他、チャオプラヤー川のボート乗り場(Pier)からも無料のシャトルボートが利用できます。

Sathorn Pierはサパーンタクシン駅直結、Si Phraya PierはRiver City Bangkokというショッピングモールとロイヤルオーキッドシェラトンホテルの間にある港なので、利用する機会も多いかと思います。

今回私たちが宿泊していたロイヤルオーキッドシェラトンホテルからも無料のシャトルボートが出ていました。

チャオプラヤー川沿いのホテルのシャトルボートもいくつも行き来していましたので、宿泊している場合には要チェックです。

ICONSIAM 詳細情報

299 Charoen Nakhon Rd, Khwaeng Khlong Ton Sai,
Khet Khlong San, Krung Thep Maha Nakhon 10600 タイ
+66 2 495 7080

  • 営業時間 10:00 am – 10:00 pm
  • 定休日  無し



SOOK SIAMの見どころは?

何気なく訪れたICONSIAMでしたが、グランドフロアを歩いているといきなり別世界に迷い込んだか?!と疑うほど、タイの世界観たっぷりなエリアに入ります。

その魅力のとりこになり、たくさん写真を撮ってきたので、余すことなく全部お届けしようと思います!

ド派手なエントランス

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

SOOK SIAMに直接アクセスできるエントランスでは、巨大な2体のゾウさんがお出迎えです。

人間と比べてみて頂ければと思いますが、実物大かそれよりも大きなサイズにびっくりです。

タイでゾウさんの銅像があるのは結構一般的なことですが、こんなに大きなサイズが置いてあるショッピングモールってありますでしょうか?!

室内ですよ!!?

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

2体のゾウさんの間には、タイの王宮や寺院で見るような、何とも神々しい装飾が素敵なエントランスがあります。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

エントランス外側からSOOK SIAMを覗くとこんな感じ。

これから出会うタイのエキゾチックな空間に心が躍ります。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

リバーサイド側のICONSIAMの入り口から入って、グランドフロアを進んでいくと突き当たる、SOOK SIAMのエントランスはこちら。

タイの伝統的な建築が、グッと目を引き、素敵なインパクトのあるエントランスです。

心ときめくフォトジェニックな装飾

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

SOOK SIAMで注目すべきは、今はやりのインスタ映え必至でとってもフォトジェニックな景色が随所に広がっているということです。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

どこを見ても思わず「すごーい!きれーい!」と声を上げてしまうほど、装飾にはこだわっているようです。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

タイらしいカラフルな色使いやパターンでをふんだんに駆使し、天井を見上げているだけでも訪れる方々の心を鷲掴みしてしまいます。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

もしあなたがインスタ女子なのであれば(そうでなくても)、写真撮影が楽しくて仕方がないでしょう!

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

近寄っても、引いて撮っても、どこをとっても本当に絵になる空間で、撮影するのに忙しいです笑。



タイ全土の味が楽しめるお店たち

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

SOOK SIAMでは、タイ全土から選りすぐりの小規模販売店が集まっているということで、様々なタイフードを気軽に楽しむことができるのも魅力です。

タイって日本と同じように、東部や南部など、エリアごとに食文化も異なってくるので、首都バンコクに居ながらして、バリエーション豊かなタイ料理を味わうことができるのは嬉しいですよね。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

飲食エリアには、いたるところにこのようなテーブル&ベンチが設置してありますし、食べ歩きしている人も沢山いました。

室内なのに、ナイトマーケットのような雰囲気があり、まさに異空間!

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

タイの屋台でよくある、クレープ生地にバナナなどを入れてたっぷりな練乳をかけて食べるデザートをオーダーしました。

1皿、50バーツ。名前は何というか分からないでいつも食べているのですが、私のとってもお気に入りのB級デザートです。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

今回はデザートの他に、鶏肉の串焼き(1本25B)とカオニャオ(モチ米/10B)をテイクアウトしていただきました。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

その場で作ってくれるタイラーメンなどもとても美味しそうでした。

その他、揚げ物やオシャレなデザート&ドリンク、炒め物、カレーなど、あらゆるタイ料理を扱うお店がたくさんありました。

とにかく歩いているだけで楽しめる!

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

木の温かみを感じる、タイの伝統的な建築に、水上マーケットを彷彿させる蓮の花やボートたち。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

室内でとても新しく清潔な空間なのに、そこにはタイのローカルマーケットで味わえるような、昔からのエネルギッシュさが溢れているので、観光客には絶好なポイントだと思います。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

タイの雰囲気が大好きな方なら、絶対にハマると思います。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

2フロア分の広大な敷地をまるごとSOOK SIAMとして使用しているので、まるでテーマパークのようなインパクトがあります。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

歩いてその風景を見ているだけでも、立派な観光になるので、この空間から出たくありません笑。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

果物の王様、ドリアンもちゃんと売られています。

臭いは強烈ですが、食べるととりこになる魔性の果物ですよ♡

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

訪れたのは2019年1月5・6日と年始最初の土日でしたが、たくさんの観光客と地元の方々で賑わっていました。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

エレベーターの途中で見下ろす風景も素敵です。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

SOOK SIAMに限ったことではなく、ICON SIAM全体でもそうなのですが、なぜこんなに気合を入れているのだろうと感心してしまう、大掛かりな装飾です。

でもだからこそ、お客さんの心を掴み、話題を呼ぶのでしょうね。

【バンコク】リバーサイドのICONSIAM(アイコンサイアム)Gフロア、 SOOK SIAM はタイの魅力を感じられる超インスタ映えスポット。

桜の木もありました。

知らなかったのですが、最近タイでも桜が咲いているところを所々目にしました。

【バンコク】リバーサイドに新オープンの ICONSIAM (アイコンサイアム)は規格外のショッピングモールで見どころ満載すぎる!

ICONSIAM バンコクの最旬スポット 訪問レポート 2019

2019年1月16日



まとめ

2018年11月にオープンした話題のショッピングモールICONSIAMのグランドフロアにあるSOOK SIAMについて、写真でご紹介しました。

なんだかSOOK SIAMの雰囲気が好きすぎて、写真を撮りすぎちゃったので、全部アップしてしまいました。

この記事の写真だけでも十分タイらしい魅力をお伝え出来たかなと思いますが、実際に行ってみると更にタイらしい熱気を感じることができるので、是非足を運ばれてみることをお勧めします!

新しいバンコクの話題スポットになること間違い無し、ICON SIAMも是非バンコク観光の一つに入れてみてくださいね。